体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これからの季節にピッタリ!スキー&スノボーで便利なカメラグッズまとめ

これからの季節にピッタリ!スキー&スノボーで便利なカメラグッズまとめ

こんにちは!旅するクリエイターのKEIです。世界中で撮った絶景はInstagramにて公開中です!

意外と思う方も多いかもしれませんが、僕は学生時代16年間アルペンスキーをやっていて、高校は北海道にスキー留学、大学はスキーのスポーツ推薦で入学するくらい、スキーに人生賭けて行なっていました。

現役を終え、旅人になった今もスキーは大好きで、今年も既にヨーロッパ中のスキー場を駆け巡り、ファンスキーを楽しんでいます。

 

せっかく雪山に行くのなら、海や旅同様、素敵な思い出を残したいですよね。特にスキーやスノーボードのかっこいいシーンは映像に残しても映えますよね!

急斜面を降りたり、ジャンプをしたり、クニックや新雪で雪が舞い、そんな映像を見た女の子からは「私をスキーに連れてって」なんて言われちゃったりして…(ちょっと古い?)

そんな今回は、世界中でスキーをする旅するクリエイターの僕が、カメラやガジェットの中で激選したスキーやスノボーで便利な持ち物をご紹介します!今年の冬はぜひ、カメラもウィンタースポーツのアイテムとして活用してみては!?

 

スキー&スノボーでは「GoPro」は間違いなく必須アイテム!

≋ K E I AROUND THE WORLD ≋さん(@kazukiyo0427)がシェアした投稿 – 2017 11月 18 4:17午後 PST

スキー場での撮影で気をつけなきゃいけないのは、間違いなく「気候」。

寒さ、突然の雪、雪に埋めたって壊れない頑丈なカメラでないと、まったく歯が立ちませんよね。「気温」「防水」「頑丈」「カメラ」…皆さん、いま何を連想しましたか?…そうですね「GoPro」ですね。

特に新しく登場したHero6では手振れ補正機能も付いていて、本当にブレないんです!例えば自分を撮りながら滑っても、映像がガタガタすることは、Hero5よりも大きく減りました。

Photo by Kazuki Kiyosawa

そして、1080p240fpsで撮れる映像では、スーパースローモーションを楽しむことが出来ます…って言ってもよく分からないって?簡単に説明すると、1秒間に240枚の写真を繋ぎ合わせて、ひとつの映像を構成するんです。これはHero6からの機能で、雪しぶきまで滑らかな映像を撮ることができるんです!

この新しく搭載されたスーパースローのお陰で、またひとつアクションカメラ業界に衝撃が走りました!(興奮気味)

 

どんなGoProアクセサリーで勝負を仕掛ける?

Photo by Kazuki Kiyosawa

ここで大切になってくるのは、多種多様なGoProのアクセサリー。

雪上で荷物はなるだけコンパクトに収めたい。だから余計なものは持って行きたくない!と思っているそこのアナタ!プロフェッショナルの僕が厳選したアクセサリーがこちらです!

カメラアーム


3つ折りができ、ポケットにも入るコンパクトさ!下の部分は三脚になっていて、みんなでセルフィーを楽しむことも出来ます!

▼「カメラアーム付きのGopro HERO6」を見てみる
https://www.rentio.jp/products/gopro-hero6-black-set4

GoPro HERO5/HERO6 予備バッテリー

1 2 3 4次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。