体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

期間限定!幻想的なかまくらと雪灯りイベントで冬を満喫しよう

湯西川温泉 かまくら祭(栃木県 日光市)

寒~いこの季節、お出かけ不足になっていませんか?1年の中でも2月は各地でかまくらや雪灯りのイベントがたくさん開催されています。

この時期にしか見ることができない幻想的な景色、雪の情緒を感じられる素敵なイベントを集めたので、ぜひお出かけの参考にしてみてください。

横手の雪まつり(秋田県 横手市)

伝統的なかまくら体験とミニかまくらの灯りで冬の風物詩を満喫!

横手の雪まつり(秋田県 横手市)ミニかまくらの幻想的な灯り横手の雪まつり(秋田県 横手市)伝統的なかまくらの中で甘酒やお餅を楽しもう

約450年の歴史ある小正月行事である「かまくら」が満喫できるイベントです。雪のやしろ「かまくら」の中、地元の子どもたちが甘酒・お餅でおもてなししてくれます。「入ってたんせ」と声をかけられたら、中に入って水神様にお賽銭をあげ、子どもたちと雪国情緒を楽しみましょう。

また、横手南小学校校庭・蛇の崎川原にはたくさんのミニかまくらが作られ、ろうそくが灯ると幻想的な世界が広がります。昼間にはミニかまくらが作れる体験もあるのでカップルや家族で作ればいい思い出に。

【開催期間】2018年2月15日(木)~2月16日(金)

※「450年の伝統・かまくら」「ミニかまくら」は15・16日の18時~21時、その他イベント内容により異なる

【開催場所】横手市役所本庁舎前道路公園、横手公園、蛇の埼川原、他イベント内容により異なる 平成30年横手の雪まつり

イベントの詳細はこちら

なかやま雪月火(福島県 下郷町)

日本夜景遺産にも認定された幻想的な雪と灯りの共演にうっとり

なかやま雪月火(福島県 下郷町)たくさんの雪灯りがキラキラとして幻想的なかやま雪月火(福島県 下郷町)灯りに照らされた雪の道は非日常感たっぷり

真っ白な「雪」と夜空の「月」、ろうそくの「火」が幻想的な景色を作り出すイベント。設置される小さなかまくらのろうそくの数は西暦になっているそうなので今年は2018本になります。

ろうそくへの点火は参加型になっているので、チャッカマン等を持参すれば点灯に参加できます。みんなで点火して刻々と暮れていく冬の夕暮れと雪灯りの変化を楽しむのもこのイベントならではの楽しみ方です。

【開催期間】2018年2月16日(金)~2月17日(土)

【開催場所】中山花の郷公園 なかやま雪月火

イベントの詳細はこちら

灯の回廊(新潟県 上越市)

雪とキャンドルが地域を繋ぐ、1日限りの大規模雪灯りイベント!

灯の回廊(新潟県 上越市)灯の回廊「うらがわら雪あかりフェスタ」灯の回廊(新潟県 上越市)雪で作られた雪像の中には縁結び神社も(2017年安塚区)
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。