体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

白バイ隊員が狙っている捕まえやすい信号とは?

白バイ隊員が狙っている捕まえやすい信号とは?

道路を熟知している白バイ隊員。一般道には白バイ隊員が獲物を捕まえるのに効率よい「信号」があるといいます。交通機動隊と高速隊に所属経験のある、元警部補に解説してもらいました。白バイ隊員が狙っている捕まえやすい信号とは、いったいどのような場所なのでしょうか?

白バイ隊員は停止線手前でサイレン

「信号には取り締まりやすいタイミングがあります。例えば、青信号が連続した後に通過するギリギリで黄色から赤に変わる信号が設置されている場所。特に、次の信号がまだ青だと無理して突っ切って行ってしまう人が多いのです」と話します。

人間の心理として、青信号が連続する見通しのいい幹線道路でクルマがスピードに乗っていると、ギリギリで信号が黄色から赤に変わっても突っ込んでしまいがち。白バイ隊員はそこを見逃しません。

白バイ隊員は信号を確認できる場所で待機。停止線の手前でサイレンを鳴らして違反者に信号を確認させます。ドライバーが「しまった」と思った時には手遅れというわけです。

白バイ隊員は手前で右左折を熟知

白バイ隊員は各自の「持ち場」として、こうした違反車が出やすい信号を押さえています。また「最近のドライバーはナビに頼り過ぎていますね。ナビが指示する場所の1つ手前で右折して一方通行に入ってしまう人も多い」とも話します。

カーナビが普及してからナビに頼りっきりのドライバーが増え、交通違反も増えました。例えば、慣れていない道路をカーナビの右左折の指示を読み違えて1つ手前の右左折禁止エリアに入ってしまう事例も多いといいます。

特に渋滞している場所では、カーナビの指示よりも手前で右左折してしまいがち。そんな信号を白バイ隊員は熟知しているというわけです。カーナビに頼りきりの人は気を付けたい交通違反といえるでしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。