体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

安くて速いLCC全盛のいま、あえて「夜行列車」の旅もいい。

安くて速いLCC全盛のいま、あえて「夜行列車」の旅もいい。

まだ飛行機が一般的な旅行手段ではなかった時代、ロンドンからパリ、そして東欧を駆け抜けてトルコ・イスタンブールへと至る「オリエント急行」という列車がありました。個室の寝台車や豪華な食堂車を連ねて走る列車で、東方(オリエント)へと向かう紳士淑女が、当時コンスタンティノープルと呼ばれた街を目指し、さらにその先のアジアへと旅していたのです。

イスタンブールへと通じるオリエント急行は様々に形態を変えながら、1977年まで走り続けました。映画や小説の題材になるなど、今なお「豪華列車の旅」の代名詞として知られています。

現在もイスタンブールの中心部に残るのが、当時のオリエント急行の終点、シルケジ駅。イスタンブールのヨーロッパ・サイドと呼ばれる側の、まさに海の横に駅があり、歩いて目の前にはボスポラス海峡の渡し船乗り場があります。オリエント急行の旅人たちは、ここから中央アジア、中東への玄関口である対岸、アジア・サイドへと渡って行ったのです。

夜10時、列車は
ブルガリアへ向けて走り出す…

安くて速いLCC全盛のいま、あえて「夜行列車」の旅もいい。安くて速いLCC全盛のいま、あえて「夜行列車」の旅もいい。

そんなシルケジ駅からは、今でもオリエント急行が辿った同じルートを、東欧各地に列車が走っています。当時のような豪華列車ではありませんが、日本でも夜行列車がほとんど無くなってしまった今、ひと味違った旅が楽しめるルートかもしれません。

トルコの隣国ブルガリアの首都ソフィアへ向かう列車は、1日1便、夜10時に出発。シルケジ駅では、その名も「オリエント・エクスプレス」というレストランがホームに接して営業しています。コーヒーを飲みながら、ホームに入る列車を眺めてオリエント急行の時代に思いを馳せるのもまた一興。安くて速いLCC全盛のいま、あえて「夜行列車」の旅もいい。安くて速いLCC全盛のいま、あえて「夜行列車」の旅もいい。

夜9時過ぎには後ろ向きに列車がゴトゴトとホームへと入ってきます。「バルカン急行」とも名付けられているこの列車は、ソフィア行きと、ユーゴスラビアのベオグラード行き、ルーマニアのブカレスト行き(こちらは「ボスポラス急行」と呼ばれる)の3本が併結されていて、僕が乗ったソフィア行きは最後尾の1両のみ。

オリエント急行を思わせる豪華さは微塵もなく、車内の表示などから恐らくは旧東ドイツ辺りの中古の寝台車という風情。客は、僕以外は地元の大学生らしき3人組のみ。ファーストクラスというチケットを購入したのですが(イスタンブール→ソフィアで約5,000円ほど)、これは3人用の個室を1人で使える、というだけ。大学生3人組は1部屋に3人詰め込まれていました。

4両編成の客車を機関車が引っ張りますが、ソフィア行きの1両は、一応「国際列車」だからでしょうか、他の車両と行き来が出来ないようにドアには鍵が掛かっています。安くて速いLCC全盛のいま、あえて「夜行列車」の旅もいい。
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。