体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新たなヒットを生み出せ、ビルボード×スペシャ【ナウプレ ジャパン】ノミネートアーティスト発表

新たなヒットを生み出せ、ビルボード×スペシャ【ナウプレ ジャパン】ノミネートアーティスト発表

 Apple Music、AWA、Google Play Music、KKBOX、LINE MUSIC、レコチョクBestのストリーミング計6サービスが参加する音楽イベント【NOW PLAYING JAPAN】の詳細が発表された。

 【NOW PLAYING JAPAN】は、「音楽をもっと、みんなのモノへ」をキャッチコピーに、リスナーとともに新たな音楽のトレンドを生み出すプロジェクト。完全招待制のプレミアムイベントとして、3月19日に東京Zepp DiverCityにて開催される。

 第一弾で発表されたのは、1月12日から2月12日までの期間中に前述のストリーミングサービス内で最も再生数が多かったアーティスト1組が出演できる【STARTERS MATCH】 。ノミネートされたのは、大比良瑞希、King Gnu、サイダーガール、sui sui duck、PAELLAS、Miracle Vell Magic、Lick-Gの7組で、最もストリーミングされたアーティストが3月19日に開催される【NOW PLAYING JAPAN LIVE vol.1】に出演することができる。

 イベントの招待受付は、1月19日からスタート。その他の出演者は追って発表される。

◎イベント概要【NOW PLAYING JAPAN LIVE vol.1】
3月19日(月)
東京Zepp DiverCity
主催:Billboard JAPAN、SPACE SHOWER TV
参加定額制音楽配信サービス:Apple Music、AWA、Google Play Music、KKBOX、LINE MUSIC、レコチョクBest
協賛:ハーマンインターナショナル

関連記事リンク(外部サイト)

NOW PLAYING JAPAN
ヒップホップ/R&Bが2017年に全米で最も消費されたジャンルに その成功の背景にあるストリーミングとの関係性
フランス発「Deezer」、オンキヨー&パイオニア、ヤマハとともに日本初のCD音質による音楽ストリーミング・サービスを提供開始

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。