体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

とにかく死にまくる理不尽設計 2D即死ゲー『VVVVVV』Nintendo Switchで配信

とにかく死にまくる理不尽設計 2D即死ゲー『VVVVVV』Nintendo Switchで配信

 2010年にPCゲームプラットフォーム『Steam』などでリリースされ世界中に根強いファンの多い『VVVVVV』。2014年にはスマホでも配信され世界中でスマホプレイに興じる人が続出しましたが、遂に2018年1月18日にNintendo Switchでのダウンロード販売が開始される事が明らかになりました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 この『VVVVVV』はコモドール64を彷彿とさせるレトロ調なグラフィックとこれまたレトロサウンドなチップチューンをベースとしたBGMが大人気でサウンドトラックも発売されているくらい。

 ストーリーは、宇宙船の事故で突如異次元に飛ばされたヴィリジアン船長と5人のクルー達。プレイヤーはヴィリジアン船長となり、はぐれてしまったクルー達を探しながら今にも崩壊しそうな次元からの脱出を試みるという探索型レトロアクションゲーム。


 操作は左右移動とジャンプの代わりに天井に張り付くという上下反転だけというシンプル設計。攻撃や防御などは一切なくひたすら障害物を避けながら進めていくのですが、操作に慣れないといきなり死んでしまう、とにかく死にまくる理不尽さあふれる設計。その代わり、かなり短い距離の間に自動でセーブできるポイントが設置されている上に残機設定もないので安心して何度でも死にまくれてしまいます。

 とげとげだらけで多彩な障害物だらけの部屋を何度でも生き返りながら軽快なサウンドで疾走する『VVVVVV』、Nintendo Switch移植版ではローカルマルチプレイに対応し、2人同時でのプレイが可能に。仲良く進むもよし、妨害しあって泥沼ゲーになるのを楽しむもよしといった具合。

 日本版リリースにおいて、『1001 Spikes』原作者でハチビッツファナティクスのヲサ田氏がローカライズ監修のもと完全日本語化。Steamなどで英語分からん!とぼやきながらプレイする事もなくなったのも魅力の一つかも。ダウンロード価格は1000円(税込)、CEROレーティングAで子供でも安心です。

Licensed and published in Japan by Pikii
Copyright (c) 2018 Pikii/ Nicalis, Inc. All rights reserved.

(梓川みいな)

関連記事リンク(外部サイト)

スペースインベーダー40周年!2つのSteam配信フランチャイズタイトルが激アツ
ブラックモンブランカも出るぞ!佐賀県の名産品×ストIIコラボ『ストリートファイター佐賀』開始
レジェンドPCゲームサウンドの集大成『ナムコサウンドミュージアム from X68000 』発売決定!

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy