体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏だけじゃない!秋・冬が快適!バーベキューの楽しみ方

「バーベキューといえば、夏」と思われがちですが、実はそうではありません。秋・冬は美味しい旬の食材が豊富なので、工夫次第ではバーベキューもより楽しむことができそうですね。そこで、意外に知らないバーベキューの基本やより楽しむ方法を、日本バーベキュー協会会長の下城民夫氏に伺ってきました。

 

実は日本のバーベキューはただの焼肉!?本当のバーベキューとは?

下城民夫さん

――アメリカでは年中バーベキューを楽しむようですが、日本とアメリカのバーベキューの違いを教えてください。

日本バーベキュー協会が日本に伝えている「本場アメリカのバーベキュー」の違いをご説明します。

大きな違いは、バーベキューで焼く肉の大きさです。日本のバーベキューで焼く肉は薄い肉ですが、本場アメリカのバーベキューで焼く肉は大きい肉のかたまりです。アメリカでは大きい肉のかたまりをじっくりと時間をかけて焼き上げ、切ってみんなでシェアします。牛肉のブリスケットのように、部位によっては焼き時間はスモークで12~13時間かけることもあります。

日本で河川敷や公園で一般的に行われているバーベキューはアメリカでは「コリアンバーベキュー」と言われていて、いわゆる「焼肉」のことになっています。

――日本では「焼肉」を野外で行うことが「バーベキュー」と思われているということですね。

日本では、バーベキューは「野外で焼肉を食べるアウトドア」と思われていますが、アメリカのバーベキューは「大きい肉をおいしくするための調理」であり、その肉をみんなで分け合って交流を深める「パーティー」なのです。同じ肉をみんなで分け合うことで仲間意識が自然に生まれます。それがバーベキューの素晴らしさです。

また、アメリカではバーベキューは競いあうスポーツでもあり、バーベキューコンテストをお祭りのように大規模に行っています。2018年には日本でも初めてアメリカのような本格バーベキューコンテストを開催する予定で、その先駆けに昨年の12月17日に、日本で初めてステーキのコンテストを開催する予定です。

アメリカのバーベキューコンテストの様子

 

簡単に実践できるバーベキュー、4つの基本ポイント

下城民夫さん

――簡単に実践できるバーベキューの基本を教えてください。

1.下ごしらえはお家で済ませる

バーベキューの下ごしらえはお家で済ませることをおすすめしています。野菜を切る、お肉をハーブで漬け込むなど、食材の下ごしらえはお家で行い、バーベキュー会場に持っていきます。お家のキッチンだと設備や調味料も整っていますし、持っていく道具も少なく済みます。バーベキュー会場の近くのスーパーで食材を買い、バーベキュー場で全ての調理をする場合は、お肉のトレーや野菜の皮などのゴミも出てしまいますが、お家で下ごしらえを済ませることでゴミも少なくなります。

2.焼ける前の1品を用意する

焼かなくても直ぐに食べられる1品をあらかじめ作って持っていくことをおすすめします。そうすることで焼き上げる前の時間に、空腹も気持ちも落ち着かせます。クラッカーの上にクリームチーズをのせたものなど、簡単なもので十分なので1品あるとよいと思います。

3.グリルの半分は炭を敷かないで焼く

バーベキューで肉を焼くスタイルは色々あります。最も多いのが炭火の上に網を引いて焼く「直火焼き」スタイルであり、グリルの半分は炭を敷かないで焼く焼き方があります。この焼き方は、2つのゾーンを作ることから「ツーゾーンファイヤー」と呼んでいます。

1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。