体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プロのボイストレーナーから聞いた!カラオケで好印象を残すには?!

岩渕トオルさん

これから忘年会や新年会、歓送迎会の二次会などでカラオケに行く機会も多くなりそうですね。カラオケが苦手な人も、得意な人も、その場を上手く過ごし、楽しみたいものです。今回はカラオケで歌って好印象を残す方法を「COCO音楽教室」校長の岩渕トオルさんにお話を伺ってきました。

 

カラオケは歌の上手さを競い合うのではなく、みんなで同じ雰囲気を共有する場

岩渕トオルさん

――カラオケが苦手な人はどうすればよいでしょうか?

カラオケに対して苦手意識のある方の多くは、歌が下手な人ではありません。苦手な人の傾向としては、「昔音楽の先生や友人に歌い方を注意された」など、過去に嫌な経験があり、歌うことに自信がなかったりします。歌うことに自信がない人は、実は歌う練習すればかなり改善し、苦手意識がなくなる傾向にあります。

「歌う顔が見られるのが恥ずかしい」「大勢の前で歌うのが緊張する」などの性格的に苦手意識を持つ人もよくみられます。性格的な苦手意識がある人でも勇気を出して、一度でも歌ってしまうと、人が変わったように歌いだす人もいます。「苦手なカラオケに行きたくない」と悩んでいた人が、振り返ってみると「一瞬の悩みだった」と言ってくださることもありますね。

そもそも、カラオケとはみんなで歌の上手さを競い合う場ではなく、同じ雰囲気を共有する場なので、気楽に歌ってみましょう。また、苦手な人は自分が音痴なのかと思っていたりもしますが、実はそうではなく、歌うことに慣れていないだけかもしれません。まずはカラオケが苦手な人向けの基本のポイントを4つお伝えします。

 

カラオケが苦手な人向け4つの基本ポイント

1.まずは曲選びを気をつけましょう!

自分がよく知っていて、自分の声が出る音域の曲で、みんなが知っている曲を選ぶといいでしょう。音程があっていない人は意外と曲を知らないケースが多いです。「ドラマの主題歌で聞いたことがある」「友達がカラオケで歌っているのを聞いて知っている」などの理由で歌える気分になっていても、実際に歌ってみると音程が解らなくなることはないでしょうか?その場合はフルコーラスの音源を何度も聞いて曲を覚える必要があります。

いくら歌を覚えても自分の声が出ない音域の歌では正確に歌うことが出来ないので、自分の声が出る音域の曲を選びましょう。また、みんなが知っている曲の方が印象よく聞こえます。知っている曲の方が親しみもあり、リズムに乗れるので「いいね!」と思うものです。

2.自分の声に合う高さ(キー)を調整して、自分の土俵に持ち込もう!

原曲キーで歌うことがかっこいいと思われがちですが、全然そんなことはありません。大切なのは、自分の出せる音域にカラオケの高さ(キー)を合わせることです。有名アーティストは、毎日何時間も練習を積んで、選ばれた人であり、一般人とは違います。無理して原曲キーで歌う必要はありません。

自分のキーを知る方法は、原曲を聞いて歌ってみて、高いと感じたらキーを下げてみてください。まだ高いなって思ったらもっと下げても問題ありません。何回も歌いながら探っていくのがよいと思います。自分のキーや音域が探れるスマートフォンのアプリもあるので、活用するのもよいと思います。性別や年齢や体格よっても声の太さが全然違うので、合うキーも人それぞれです。

3.歌声に強弱をつけて、自分の中で盛り上げポイントを作ろう!

自分の中で盛り上げるポイントを意識して歌うことも重要です。何も意識しないで歌う場合、サビで盛り上げて歌っているつもりになりますが、実際は盛り上がったように聞こえなかったりします。盛り上げポイントを強調するためには、そこだけ大きく歌う、そこだけ強く歌う、他は優しく歌うなどの歌い方があります。

4.恥ずかしがらずに、立って歌おう!

医学的に証明されていることですが、立って少し胸を張った方が、声が出やすいと言われています。カラオケは座って歌うっていう習慣がありますが、可能であれば立って歌ってみるといいですよ。

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。