体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あ〜めんどくさい人付き合いはコリゴリ。そうだ、逃亡しよう。

生活・趣味
あ〜めんどくさい人付き合いはコリゴリ。そうだ、逃亡しよう。

旅行に行きたいけれど、人の多い観光地に行くのは億劫という人、知る人ぞ知る絶景が見たいという人。誰よりも一番オススメしたいのは、現実逃避したい人。現実からの逃亡先にぴったりなホテルを紹介します。

それは、ノルウェーの北極圏の島Fleinvaerにある洗練されたキャビン「Fordypningsrommet」。周りには町も、店もなく、ただ静謐な海と美しい夜空、そして神秘的なオーロラを楽しむことができます。

まるで、アートみたい。
現実逃避をとことん楽しむ。

あ〜めんどくさい人付き合いはコリゴリ。そうだ、逃亡しよう。あ〜めんどくさい人付き合いはコリゴリ。そうだ、逃亡しよう。

この宿泊施設は、2014年にノルウェーのミュージシャンであるHåvardLundによってつくられました。キャビンはひとつずつ独立していて、不思議な造形をしたものも。

周りに何もない極寒の地にぽつりぽつりと佇むこのホテルは、まるで独創的なアートのよう。そこに泊まる自分自身も、アートの中の一部になるような感覚を味わえます。あ〜めんどくさい人付き合いはコリゴリ。そうだ、逃亡しよう。あ〜めんどくさい人付き合いはコリゴリ。そうだ、逃亡しよう。あ〜めんどくさい人付き合いはコリゴリ。そうだ、逃亡しよう。

キャビンはそれぞれ、寝室、キッチン、バスルーム、サウナ、アーティストのためのスタジオと。用途によって分かれていて、4つの寝室の最大収容人数は12名とのこと。

周りには何もありませんが、またそこがいいんです。ホテルのスタッフが買い物をしてくれたり、サウナの準備をしてくれたりするため、不便に思うことはまずないでしょう。スタッフ以外のほとんど人に会うことはなく、ウェストフィヨルドの澄んだ空と険しい海岸の景色を独り占めすることができます。う〜ん贅沢。あ〜めんどくさい人付き合いはコリゴリ。そうだ、逃亡しよう。
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会