体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『FIND NOTE SOFT』片手に丸めて持てる、書き味最高のフールス紙ノートで手書きの快感を再認識!

 

いまどき100円ショップでもそこそこの品質のものが手に入るノート。ただ一旦高級ノートを手にしてしまうとその抜群の書き味という魅力にとらわれてしまう人も少なくない。『FIND NOTE SOFT』はそんな手書きの魅力を再発見できるフールス紙を使用した高級ノートだ。

紙を捉えて微妙な抵抗とともに書く快感・心地いい音を生み出す手書き派のための持ち歩きたいノート

世の中はデジタルが支配を強めているので、ちょっとしたメモなどもスマホなどで入力してしまう人も多い。ただそこで問題になるのは、発想力の問題だ。パソコンにしてもスマホにしても、どうしてもインスピレーションは阻害されがち。人間の脳は、やはり手書きの時の方が自由な発想ができるように作られているらしい。

したがってアイデアマンやクリエイティブ系の人でも、発想の段階では手書きでノートなどに自由に書きつけている人が多いのが現状だ。時にイラストに変わったり、強め・弱めに書く、大きく・小さく書くというのは、PCやスマホに文字として入力する場合はやりにくい。もちろんタブレットなどに画像としてフリーハンドとして書くこともできるが、その快感はやはり高級ノートには到底及ばない。

自分が高級な人間になったような気になれる高級ノート

 

そう考えてしまったのは、株式会社河内屋(東京都港区)の展開する文房具ブランド「KUNISAWA」『FIND NOTE SOFT』(120×210mm/192P・希望小売価格 税抜2,500円・発売中)を使用したからだ。確かにノートとして考えれば100円ショップのノート25冊分の価格は高い。とてもじゃないが使い捨て用途に向いている価格設定ではない。

それでも一度使うとこの使い心地に感動してしまうのがこの『FIND NOTE SOFT』。株式会社河内屋は同名の酒販店もあるが、特殊印刷・活版印刷などが得意なことで知られる1971年創業の印刷会社の方の河内屋だ。そこが立ち上げた文房具ブランド「KUNISAWA」のノートは、まさに贅を尽くした高級ノートの理想像だ。

その高級感から、ビリっと破るのは気がひける

 

使用しているのは万年筆ユーザーが泣いて喜ぶうっすらと透かし模様の入った方眼タイプのフールス紙。エレガントなコッパーの天金加工でよれにくい。

シリーズでは硬質タイプの表紙のものもあるが、この『FIND NOTE SOFT』は表紙も柔らかく、丸めて持っても反ったりしないのが特徴。面長のフォルムをくるりと丸めて片手に持つと、非常に手に馴染んで心地いい。しっくりくる。それでいて机の上にポンと置くと、いつの間にかもとの形状に戻ってくれる。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。