体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

住民経営マンション「管理はつなぐ」[6] 「富久クロス コンフォートタワー」

住民経営マンション「管理はつなぐ」[6] 「富久クロス コンフォートタワー」

住民経営マンションを取り上げる本連載の第6回では、「富久クロス コンフォートタワー」を紹介する。山手線内側という好立地にありながら、約2.6haもの広大な敷地を擁する「富久クロス」。従前は街なかの各所で土地が売買されていたが、空き家が増えてしまったことから防犯・景観面を問題視した地元住民が立ち上がり、大学の研究員のサポートを受けながら実現したのが住民主導の再開発プロジェクト「富久クロスプロジェクト」だ。生まれ変わった街区内には、イトーヨーカドーをはじめとする多種多様な店舗、認定こども園、クリニックなどがそろい、商業棟の屋上には地権者住戸が再現されている。そんな新たな街のシンボルとして分譲されたのが、総戸数1000戸超の大規模タワーマンション「富久クロス コンフォートタワー」なのだ。

入居者の後押しを受けて、コミュニティ形成に注力

マンションの開発時には、デベロッパーが10万件の声を集め、『1000のイゴコチ』として書籍にした。多彩な共用部の活用法や入居者のコミュニティの形成法などを掲載している。管理組合では、この書籍を参考に、七夕祭りや絵本の読み聞かせ会など、さまざまなイベントを開催。広報部会長の尾上氏は次のように言う。

「東日本大震災後に販売されたこともあって、購入者の大半が人と人とのつながりを重視していたのです。 “共用スペースを地域イベント開催の場として提供したらいいのでは” “クラシックコンサートをやってみたい”など、入居者の方々も積極的に提案を寄せてくださるんですよ」【画像1】(左) 道路を挟んで隣接している「富久さくら公園」からマンションを望む (右) 43階から44階にかけてメゾネット方式で設置された「スカイラウンジ」 (写真撮影/川瀬一絵)

【画像1】(左) 道路を挟んで隣接している「富久さくら公園」からマンションを望む (右) 43階から44階にかけてメゾネット方式で設置された「スカイラウンジ」 (写真撮影/川瀬一絵)

周辺8棟のマンションと防災・防災対策に取り組む

また、コミュニティ形成に関する取り組みは、マンション内だけにとどまらない。前理事長が退任後に町内会や周辺のマンションに呼びかけ、地域で交流を図りながら、防災・防犯対策に取り組んでいくことになったのだという。この方針は、現理事長の松浦氏もしっかり継承している。

「町内会や周辺8棟のマンションの管理組合と民泊問題について話し合ったり、地元警察の協力のもとで防犯セミナーを開催したりと、ほぼ月に1回のペースで交流を保っています」

昨年からは、マンション内の防災対策強化にも乗り出した。

「各階に2名ずつ防災委員を選出しました。万が一の場合は、この2名が避難指示や声かけにあたることにしています」(松浦氏)

富久クロスにおけるさまざまな取り組みは、これからの大規模マンションや再開発エリアのあるべき姿を示す、新たなモデルケースなのかもしれない。【画像2】(上)建物の2 階部分に広がる「彩華の広場」(下)1階の「グリーンカフェ」では、有機野菜を使った総菜を楽しめるほか、定期的に入居者向けのマルシェを開催 (写真撮影/川瀬一絵)

【画像2】(上)建物の2 階部分に広がる「彩華の広場」(下)1階の「グリーンカフェ」では、有機野菜を使った総菜を楽しめるほか、定期的に入居者向けのマルシェを開催 (写真撮影/川瀬一絵)建築・住宅計画等を専門とする東京大学教授 大月敏雄氏が語る建築家の視点

初代理事長が周辺地域に呼びかけたり、 2期目から理事の任期や改選法を見直すなど、早い段階で管理組合の運営基盤となる仕組みや体制を整えているのは素晴らしい。現在までのところ、理事は立候補者でカバーできていると聞いたが、これも、当初段階から精力的に意見や提案を受け入れてきた運営体制の賜物だと思う。

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。