体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

合わない靴は足にとって“もはや”凶器 ーーシンデレラシューズ・松本社長「痛い靴ゼロへの挑戦」《中》

生活・趣味

働く女性を足元から支えているパンプス。高いヒールは履く人を美しく引き立てる半面、相性が合わないときは痛みや出血、さらには足の変形まで引き起こす“凶器”に一変します。靴メーカー勤務などを経て、痛い靴をなくすために起業した松本久美社長へのインタビュー第2回は、フィッティングサロン経営から見えてくる靴と心身の関係、さらに“痛い靴ゼロ”に向けた松本社長ならではの戦略がテーマです。(《上》編はこちら

f:id:fujimine:20171214141832g:plain

【プロフィール】

松本 久美(まつもと・くみ)

1977年大阪市生まれ。大阪モード学園ファッションデザイン学科卒業後、地場の靴メーカーに就職。デザインや生産管理などに通算13年間携わる。この間に勤務先が4回倒産するなど不安定だった業界に限界を感じてIT企業の営業職に転じ、その後知人らの起業に触発されて「靴」をテーマにした事業での独立を決意する。大手企業による起業支援プログラムに選ばれた2015年、東京で「株式会社シンデレラ」を設立して代表取締役に。「シンデレラシューズ」の名称でフィッティングサロンを開くかたわら、ITの活用で靴と人のマッチングを効率化するサービスの開発を進めている。

美しさと危うさ。高いヒールは“諸刃の剣”

-ヒールの高いパンプスを履いて仕事をしている女性の多くが、つらい痛みに悩んでいるというお話を前回うかがいました。それほど大変なら無理に履かなくてもよい気がしますが、そもそも女性はなぜ、ヒールの高い靴を履くのでしょうか。

なかなか説明が難しいところです。確かにヒールの高い靴はラクではないし、ずっと履き続けるのは体にも悪いです。ヒールの高さが7㎝ある、かなり履きづらいタイプのパンプスを仕事で常用している私も、休日出かけるときはほとんどスニーカーです。

ただ「たとえ痛くても、ヒールのある靴を履きたい」とこだわる女性の気持ちにも、きちんと理由があります。靴のヒールによって、履く人の気分と印象は、かなり大きく変わるのです。

ヒールがない、ぺたんこの靴を履いている女性は、周囲にリラックスした印象を与えます。ですから仕事のときは失礼がないように、ヒールのない靴を避けている人も多いと思います。男性がネクタイを締めるべきか気にする場面に近いかもしれません。欧州では最近、オフィスの女性にヒールのある靴を義務づけても許されるかどうかという論争もありました。

ヒールがある靴を選んだ場合も、ヒールの高さがどの程度かによって、見た目はまた全然違ってきます。単純にヒールのぶんだけ背が高くなるのはもちろんですが、例えばヒールが7cm以上のパンプスは、ほぼつま先立ちに近い姿勢になります。ふくらはぎは上に押し上げられ、腰から背中のラインは大きく反り、肩はしっかり開くようになる。こうなると、全身の重心が上がってスタイルがよく見えるだけでなく、腰が反ったことによって体の曲線が強調されるので、とても女性らしい印象になるのです。

1 2 3 4次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会