ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

バスルームのせいで、きっと連泊したくなる。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
バスルームのせいで、きっと連泊したくなる。バンコクには定期的に行っています(理由はさておいて)。日本と比べてラグジュアリーホテルの宿泊料金がお得なこの街では、いろんなところに泊まってみるのを、ひとつのルールにしていて。でも、「The Cabochon Hotel(カボション ホテル&レジデンス)」だけは、一歩足をふみ入れたものなら、滞在中ずっと泊まりたくなってしまうと思うんですよね。 すベてはこのバスルームのせいで。バスルームのせいで、きっと連泊したくなる。

白いタイルの壁に大理石風な床の組み合わせは、べつに珍しいものじゃありません。そこにでんっとたたずむブロンズのバスタブが、私をこの空間の虜にしたんです。

入り心地なんて、この際どうでもよくって。「ここにいるわたし」っていう、女子らしい発想で、とにかくここに泊まりたいわけです。

朝、9時くらいに起きて、朝ごはんを食べたら、お散歩 & ショッピングへ。バンコクは本当に暑いから、3時くらいにバテて、トゥクトゥクでいったんホテルへ帰る。
そしたらバスルームへ直行!サイドテーブルにはお水とフルーツを用意して、ちょっとぬるめのお湯がたまったバスタブにつかりながら、iPadで映画を観て(とにかくハッピーなやつ)。それが終わったらシャワーを浴びて、バスルームを出る。

髪の毛を乾かして、お化粧したら、ちょうど6時くらい。そこから夜の街へ繰り出す──。

こんな映画みたいな時間の過ごし方を、飽きるまでくり返したい!

The Cabochon Hotel

住所:14/29 Soi Sukhumvit 45, Sukhumvit Road, Klongton Nua, Bangkok, Wattana, 10110, Thailand(BTSプロームポン駅から徒歩3分)

1泊あたりの料金:2名25,521円~(2018年1月11日現在)

HP:http://www.cabochonhotel.com/

関連記事リンク(外部サイト)

クリエイティブな仕事ができる京都のホテル「The Millennials」に行ってみた
Instagramのフォロワー1万人以上で一泊無料!シドニーのホテルが仕掛けるPR戦略がナイス
アメニティが「LE LABO」。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。