体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

星野源、初の全国アリーナツアー収録の『Live Tour“Continues”』が前作のデイリー記録を上回る

エンタメ
星野源、初の全国アリーナツアー収録の『Live Tour“Continues”』が前作のデイリー記録を上回る

 星野源が2018年最初のリリースとなるライブ映像作品『Live Tour“Continues”』を1月10日にリリースした。

 本作は、大ヒットシングル『恋』が発売後、初の全国アリーナツアーとなった【星野源Live Tour 2017『Continues』】の模様を収録したライブ映像作品。本公演はチケットも争奪戦だったため、ライブに参加できたファンにとっても、残念ながら参加できなかったファンにとっても心待ちとなるリリースとなった。発売初日でBlu-ray、DVDを合算すると7万枚を超える売上枚数で、前作『MUSIC VIDEO TOUR 2010-2017』のデイリー記録を超えた好調な滑り出しとなっている。

 なお本作は、デビュー当時の楽曲からお馴染みの楽曲まですべてを網羅したベストセクションなライブ作品。ELEVENPLAYとともに踊った「恋」や最新シングル「Family Song」をはじめ、「雨音」「Continues」「Drinking Dance」のライブテイクが商品化されるのは本作が初となる。

 また、星野のルーツミュージックも選曲されており、マーティン・デニーの「Firecracker」(オリジナル:1959年)のカヴァーや、Yellow Magic Orchestraの「Mad Pierrot」(オリジナル:1978年)のカヴァー、NUMBER GIRLの「透明少女」(オリジナル:1999年)のカヴァーなど、星野に影響を与えた様々な年代の音楽を取り込み、『過去から未来へ』と繋げるライブとして昇華させられている。1月14日までは東京・新宿のユニカビジョンにて日替わりで本作のライブ映像がフルコーラスで放映中。Twitterでもユニカビジョンと連動した、日替り楽曲の一部を楽しめるコンテンツを展開中だ。

 そして特典映像も大ボリュームな内容に。ツアー後にライブを振り返るインタビューを軸に、全国各地のライブやリハーサル、バックステージの模様、そして訪れた各地の出来事を記録したドキュメンタリー【Tour Documentary 「to be Continue(s)」 】を収録し、おなじみオーディオコメンタリーも完全収録。本編、特典映像、コメンタリーを含めると総尺8時間を超える超・大ボリュームの作品だ。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会