体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“いちごの日”に銀座資生堂パーラーで10種の苺パフェが共演!


「資生堂パーラー銀座本店 サロン・ド・カフェ」では、1月15日(月)の“いちごの日”にちなみ、1日だけの「スペシャルストロベリーデー2018」を開催。全国のおいしい苺の中から飲料長選りすぐりの10品種を一堂に集め、10種のストロベリーパフェが用意される。


大切に育てられた個性豊かな苺と、伝統のバニラアイスクリームが織りなす愛らしいパフェは、デコレーションだけでなくパフェの中の苺ソースもそれぞれの品種で仕立てた本格派。青森県産“さちのか”、山口県産“四星(よつぼし)”、香川県産“さぬきひめ”、徳島県産“アスカルビー”、福岡県産“やよい姫”を使用した「ストロベリーパフェ」各1890円(税込)のほか、華やかな香りと甘さが特長の福島県産“ふくはる香”を使った「スペシャルストロベリーパフェ」2380円(税込)、関東ではめったにお目にかかれない大粒の苺をアイスクリームまで使用した岐阜県産“美濃娘”の「プレミアムストロベリーパフェ」3240円(税込)など、どれもこだわりのストロベリーパフェばかり。


当日のメニューはストロベリーパフェのみで、数に限りがあるため来店一回につき1人1種の注文になるので注意しよう。一年に一度のこの貴重な機会に、個性豊かな美味しいストロベリーパフェを堪能してみては?

■「資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェ」
東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル3階

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。