体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

飲酒検問は路地に逃げても警察官が待機している

飲酒検問は路地に逃げても警察官が待機している

飲酒検問は、警察にとってはポイントが稼ぎやすい取り締まり。そのぶん、飲酒検問にはさまざまなノウハウが詰まっています。例えば飲酒検問を実施する場所。飲酒検問は大通りを避けるドライバーの裏を突くのです。また、警察官は飲酒運転の70%は挙動で判断しているのでした。

飲酒検問は意表を突いた場所を選ぶ

夜間に実施されることの多い飲酒検問は、交通機動隊だけではなく自動車警ら隊も独自に行うことが可能。警察官にとってはポイントが稼ぎやすく、手っ取り早い取り締まりであるといいます。

今月は飲酒取り締まりが少ないからやるか…という感じで、急でも始められるのが飲酒検問です。場所は幹線道路から1本入った通りが多いといいます。大通りを避けるドライバーの裏を突くわけです。

実際、飲酒検問は幹線道路から路地に入った一方通行など、逃げようがない場所やドライバーの意表を突いた場所が選ばれることがよくあります。幹線道路から1本入って回り道をしたのに、飲酒検問が待ち構えていた…となるわけです。

飲酒検問は路地の奥に警察官が待機

また、飲酒検問をする際、警察官が匂いを嗅がせますが、実はそこには裏があるといいます。飲酒検問では、窓を開けた時に酒の匂いは分かるもの。わざわざ息を吐かせるのは挙動を見るためなのです。息を少ししか吐かなかったり、逆に吸い込んだり…。警察官もそんなに他人の息をかぎたいわけではないのです。

そもそも怪しいクルマは飲酒検問前でスピードを落としたり、路地に逃げようとしたり、Uターンしようとしたりと70%は動きで分かるといいます。そのようなクルマは検問の手前で隠れている警察官がすぐに駆け付けるのです。

飲酒検問時は、警察官を2名ほど配置することが多いもの。ただし、近くの路地の奥などに白バイや他の警察官が待機しています。飲酒検問で路地などに逃げようとすると即座に取り締まられるわけです。

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。