体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

笹川美和、ニューALより齊藤 工監督の映画主題歌「家族の風景」先行配信スタート

笹川美和、ニューALより齊藤 工監督の映画主題歌「家族の風景」先行配信スタート

 デビュー15周年を迎える笹川美和が、1月31日にリリースするニュー・アルバム『新しい世界』に先駆けて、収録曲である「家族の風景」と「紫陽花」の先行配信が開始した。

 今回配信されたのは、アルバムのリード曲でもある大橋トリオによる軽やかで切ないポップス「紫陽花」と齊藤 工監督作の映画『blank13』の主題歌である「家族の風景」の2曲。また、同時に最新アルバム『新しい世界』の先行プレオーダー(予約注文)と全曲試聴がiTunesでスタートした。

 『新しい世界』は、ポーティスヘッドを彷彿とさせるダークなアレンジが施された、安藤裕子による書き下ろし曲「melancholic」をはじめ、冨田恵一作曲、安藤裕子作詞による美しいバラード「琥珀色の涙」や、「紫陽花」、孤高のシンガーソングライター浜田真理子作詞/作曲の荘厳なバラード「きぬぎぬ」、手島葵の「明日への手紙」の作者としても知られる池田綾子が作詞/作曲を手掛け、村上ゆきがピアノを演奏した「旅人」などが収録。さらに笹川本人の新曲「サンクチュアリ」や、「家族の風景」(ハナレグミ)、「今宵の月のように」(エレファントカシマシ)、「KYOTO」(JUDY AND MARY)といったカバー曲3曲も加わった全9曲の作品となっている。

 そして、映画『blank13』(主演:高橋一生)で長編初監督を務めた齊藤 工よりコメントが寄せられた。齊藤は「私は笹川美和さんの音楽に導かれるように 一本の映画を作りました」とコメントしている。なお笹川美和は、5月13日に東京・日本橋三井ホール、5月27日に大阪・心斎橋JANUSにて【笹川美和 Concert 2018 ~新しい世界~】を開催する。

◎ 齊藤 工 コメント全文
“笹川美和”を知る人生
“笹川美和”を知らぬ人生

私は笹川美和さんの音楽に導かれるように
一本の映画を作りました
彼女の歌声から共鳴し
己の内側に広がったプラトニックな世界を反射したかったのです

“笹川美和”を知る人生
“笹川美和”を知らぬ人生

深く深く心の底まで届く歌

齊藤 工

◎リリース情報
アルバム『新しい世界』
2018/01/31 RELEASE
CTCR-14931 3,000円(tax out)
収録内容:
1.紫陽花(作詞 micca 作曲 大橋トリオ 編曲 山本隆二)
2.サンクチュアリ(作詞/作曲 笹川美和 編曲 横山裕章)
3.KYOTO(JUDY AND MARY カバー)
4.きぬぎぬ(作詞/作曲 浜田真理子 編曲 山本隆二)
5.今宵の月のように(エレファントカシマシ カバー)
6.melancholic(作詞/作曲 安藤裕子 編曲 横山裕章)
7.家族の風景(映画『blank13』主題歌・ハナレグミ カバー)
8.琥珀色の涙(作詞 安藤裕子 作曲/編曲 冨田恵一) 
9.旅人(作詞/作曲 池田綾子 編曲 村上ゆき)

◎公演情報
【笹川美和 Concert 2018 ~新しい世界~】
2018年5月13日(日)東京・日本橋三井ホール
2018年5月27日(日)大阪・心斎橋JANUS

関連記事リンク(外部サイト)

柴咲コウと笹川美和 尊敬し合う両者が『恋守歌』で初共演
笹川美和 メジャー復帰作のMV公開&ANNオンエアも
ハナレグミが歌に見た光へと一歩ずつ近づいていくその軌跡/ハナレグミ『SHINJITERU』(Album Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。