体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夜の本気ダンスがユーチューバーになったら…?

夜の本気ダンスがユーチューバーになったら…?
J-WAVEで放送中の番組「THE KINGS PLACE」(月曜担当ナビゲーター:夜の本気ダンス)。1月8日のオンエアではユーチューバーについて話が繰り広げられました。

米田と鈴鹿は以前放送でも言っていたように「2BRO.」というユニットのゲーム実況動画がお気に入りで、他にも実況動画をよく見ているそう。

一方、西田はユーチューバーの動画自体見たことがないそうで、他メンバーも「見なさそう(笑)」と納得の様子。しかし西田は「○○やってみた」などの一般的なイメージはあるらしく、それについてこんな提案を…

西田:それやったら、鈴鹿にドッキリ仕掛けてそれをYouTubeで流したいな。
マイケル:これ、鈴鹿君がユーチューバーになろう!みたいな話?
鈴鹿:なるとしたらどんなんやりましょうか、みたいな。みんなが見たいような。
米田:みんなが見たいって言ったらそういうことやろ。ニシカズ(西田)が言ったように。
マイケル:ドッキリ仕掛ける?
米田:痛いとかカラいとか苦しいとか
鈴鹿:そんなん普通やん。
米田:普通じゃないやろ。
マイケル:2階から飛び降りるとか、時速10キロの車にほんまに轢かれるとか。
鈴鹿:いやいや!(笑) 時速10キロ地味に痛い!
マイケル:三輪車に足踏まれるとか。
米田:何匹の蜂まで刺されたら大丈夫とか。
鈴鹿:(蜂は)2匹って聞いたことあるぞ! 2回刺されたら死ぬって。
マイケル:丘とかで羊がバーって放たれたその先に鈴鹿君がおって逃げ切れるかとか。
鈴鹿:いやいやいや(笑)。まあギリ逃げ切れそうやけどな…。

メンバーから「そういうのやろうや」「人気ユーチューバーになれんで」「人ができることをやっても仕方がないやん」と詰められた鈴鹿ですが、いやだと抵抗(笑)。最後に西田から「読み仮名の振られていない本を音読する動画」を提案され、漢字が苦手な鈴鹿はこれにも抵抗していました(笑)。鈴鹿のユーチューバーへの道は険しそうですが、この鈴鹿の音読企画は「読めるかなあ」というタイトルで番組内で実現するかもしれません(笑)。

この日の放送では他にも、ゲスの極み乙女。、DADAYRAYのベーシストである休日課長さんとマイケルとの対談の様子も届けられました。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「THE KINGS PLACE」
放送日時:月・火・水・木曜 25時−26時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。