体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『ブラックパンサー』の最新トレーラーで、戦争が始まる

映画『ブラックパンサー』の最新トレーラーが公開された。マーティン・フリーマンが演じるエヴェレット・K・ロスが冒頭で、「第三世界の国王が防弾仕様のキャットスーツを着て走り回っているというのか?」と問いただす。

前売券の販売開始に合わせてリリースされた本トレーラーでは、新しい情報はあまり公開されていないが、アンジェラ・バセットが演じるラモンダ、フォレスト・ウィテカーが演じるズリ、マイケル・B・ジョーダンが演じるエリック・キロモンガーなど、視聴者はいくつかのキャラクターを垣間見ることができる。

『ブラックパンサー』の舞台となるワカンダ王国はアフリカにある。ヴィブラニウムという資源が豊富にあり、世界で最も技術が進歩した。ワカンダ王国は侵略者からその資源と国民を守るため、歴史の大部分を世界の国々から隠れて生きてきた。チャドウィック・ボーズマンが演じるティ・チャラは、父親のティ・チャラが映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で殺害された後、同国の新しい王となり、王位を継承するために母国に戻ってくる。

ワカンダ王国と全世界の運命を危険にさらす恐ろしい紛争が始まると、国王として、またブラックパンサーとして、その勇気が試される。

ライアン・クーグラーが監督し、アンディ・サーキス、ダニエル・カルーヤ、ルピタ・ニョンゴ、レティーシャ・ライト、ダナイ・グリラらが出演する。

『ブラックパンサー』は2月16日(現地時間)に米劇場公開される。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。