体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【泡盛倉庫】泡盛こそ、世界に広がるべきお酒である理由

【泡盛倉庫】泡盛こそ、世界に広がるべきお酒である理由

那覇にある「泡盛倉庫」は、その店名からも分かるように、泡盛を専門にしている会員制のBAR。なかなかお目にかかれないヴィンテージの古酒も含め、750種類を超える泡盛を揃えているそうです。

店主の比嘉康二さんは、まずその人の人生や背景に寄り添うように語りかけてきてくれます。

1軒めですか? すでに飲んできてますか?
食前ですか? 食中ですか? 食後として楽しまれますか?

「それぞれのお客様に合わせた泡盛を選ぶことが大切だと思っています。たくさん種類があると言っても、当然1杯1杯に個性があります。以前、お客さまの初恋の味まで表現したことがありますよ」

【泡盛倉庫】泡盛こそ、世界に広がるべきお酒である理由

イメージが悪い、泡盛

比嘉さんの言葉の端々から感じるのは、泡盛への愛、——というよりは、リスペクト。

「イメージは様々ですが、よく聞くのは、親父が飲むお酒でしょ、とか、水割りで飲むお酒、とか、きついんじゃないの? といった、あまりポジティブとは言えない印象です。じつは私自身も、昔はそうでした。幼い頃に酔っ払った父親をよく迎えにいきましたので(笑)。でも今は、泡盛の素晴らしさを世界に伝えていくことが私の仕事だと思っているんです」

もう少し、泡盛の概略を。

「泡盛の本質は、じつはストレートにあります。度数が高いので驚く人も多いかもしれませんが『ストレート=お酒が強い人の飲み方』ではなく、ひとつの出会い方だと思ってください。泡盛は約600年前から作られていると言われていますが、小さな酒器を使ってチビチビと、100〜200年も熟成させた古酒を楽しんでいたわけです」

200年! 確かに気になります。とはいえ今日の1杯目なんです、とお伝えしたところ、粋な提案をしてくれました。

「ではまず、“体を潤す感覚” で、こんなものはいかがでしょう?」

泡盛のハイボールと
泡盛のサングリア

【泡盛倉庫】泡盛こそ、世界に広がるべきお酒である理由

出してくれたのは、神村酒造の「暖流」。樽の味わいを持たせた泡盛で、これをハイボールで割るのだそうです。

「蔵元さんいわく、暖流×ハイボールで、ダンボールと言います」

これがすごく飲みやすい! 考えてみれば、泡盛はウイスキーと同じ蒸留酒なので、ハイボールとの相性がいいのも納得。

「でもこのダンボール、まだ完成ではありません」と、比嘉さん。【泡盛倉庫】泡盛こそ、世界に広がるべきお酒である理由

「ウイスキーだともっと樽の風味が残っているんですが、『泡盛のハイボール』だからこそできることがあります。それは、柑橘の皮で風味を足すこと。グレープフルーツの皮を軽く絞って味わってみてください」

またひとつ風味が華やかになって、その飲みやすさに驚いたわけです。

次に飲んだのが、「泡盛のサングリア」

「サングリアといえばワインが一般的ですが、泡盛にも合うんです。じつは沖縄は四季が感じづらい場所で、泡盛自体も四季を問わず作れるお酒です。だからこそ、季節を感じることができる旬な果物などを合わせて表現するのも素敵だと思いませんか?」

【泡盛倉庫】泡盛こそ、世界に広がるべきお酒である理由
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。