体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラオスの珍スポット「ブッダ・パーク」は、クセが強すぎた。

ラオスの珍スポット「ブッダ・パーク」は、クセが強すぎた。

ちょっと前にシンガポールの珍スポット『Haw Par Villa』を紹介したのだけれど、思った以上に好評で、ちょっと驚きました。みなさん、こういうシュールで気持ち悪い場所も、意外とお好きなんですね?

流行語に「インスタ映え」がランクインしているなかで、かわいくもオシャレでもない、ひたすらに不気味な公園を今回も紹介していきましょう!

第2弾は、ラオスのビエンチャンにある『ブッダ・パーク』です。「Vietnamitas EN MADRID」によると、1958年に修道士Luang Pu Bunleua Sulilatによってつくられたのだそう。

どんな理由かはわからないけれど、とにかく見ていきましょう。まずはこちらをドン。

Timoさん(@jonsico)がシェアした投稿 – 2017 8月 4 4:22午前 PDT

ここが一番のフォトスポットである『パンプキンブッダパークタワー』。舌の上に立って、ポーズを決めるのがお決まりです。口から中に入ると、片腕や足がもげたままの状態で並んでいる彫像がお出迎えしてくれます。

個人的には、インディ・ジョーンズをぼんやり思い出しました。規模は何倍も小さいけれど、赤土の砂ぼこりや、彫像に蜘蛛の巣が張っている様子が。

続いて、ドドン。

Atlas Obscuraさん(@atlasobscura)がシェアした投稿 – 2017 12月 15 1:36午後 PST

もとは白かったのか、それとも黒かったのか……。わからないけれど、雨ざらしにされたままで禿げていったであろう色の様子が、不気味さに拍車をかけていますよね。

『ブッダパーク』はこのように、ヒンズー教と仏教の彫像(すべて鉄筋コンクリート製)が、約200体以上もひたすらに並べられている場所です。それ以上の施設は特にありませんし、見ての通り彫像のお手入れも随分放置されています。

観光名所と言えど、「もう自由に見て触って、勝手に楽しんでね〜」という、あまりやる気のないスタイルが、なんともラオスらしいところなのです。

Dmytro Bilousさん(@dmytro_bilous)がシェアした投稿 – 2017 5月 16 10:10午後 PDT

Claire Willeckさん(@clairewilleck)がシェアした投稿 – 2017 9月 26 4:55午前 PDT

Eyeing Earth – PH さん(@eyeingearth)がシェアした投稿 – 2017 11月 23 7:07午後 PST

F R E E D O M S – W O R L Dさん(@freedoms.world)がシェアした投稿 – 2017 12月 7 5:32午前 PST

AZさん(@aztraveldiaries)がシェアした投稿 – 2017 7月 22 5:38午前 PDT

公園内は仏だけでなく、擬人化された動物、神・悪魔の彫像も。何を表しているかよくわからないけれど、とりあえず共通していることは、薄気味悪いということでしょうか。

人の顔ばかりこんなに見ることもないので、夢にも出てきそうです。私が行った時には、公園までのバスの乗客は4人ほどしかいなくて、園内もほとんど貸切状態でした。ひとりで行っても、黙ってこのシュールな像と対面するしかないので、一緒に笑いながら見て回れる友達と複数名で行くのがオススメ。

さらに言えば、東南アジア旅に慣れて、普通の観光地にもう興味がない人。または、町全体が世界遺産に登録されているルアンパバーンで、王道にラオスで遊んだ後に、ビエンチャンに来るのがベターだと思います。そのほうが、ラオス独特の“頑張りすぎない雰囲気”や、クセの強さを感じてもらえると思うから。

冬季休暇で東南アジア旅を予定している人は、ぜひ立ち寄ってみてください。Reference: @jonsico, @atlasobscura, @dmytro_bilous, @clairewilleck, @eyeingearth, @freedoms.world, @aztraveldiaries, Vietnamitas EN MADRIDLicensed material used with permission by @solitarytravelz

関連記事リンク(外部サイト)

天然素材の「ラオスのタオル」は、万能選手。
世界の穴場スポット50!若く元気な「20代」のうちに訪れてみては?
日本人には意外すぎる「外国人が選ぶ観光スポット2017」

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。