体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

私を空へつれてって

私を空へつれてって

もう世界中をまわりつくしたから空を旅してみたい──

隣にいたあの人に言ったら、「じゃあ一緒に行こっか」という話になり、2人で行ってみた。するとそこには、雲のうえにヒッソリと浮かぶ街が…。

なんて、そんなことがあったらイイのにな。Adam Freundilchさんの写真を見てつい想像してしまったこと。私を空へつれてって私を空へつれてって私を空へつれてって私を空へつれてって

Adamさんによると、ここはルーマニア西部のオラデアで彼の故郷なんだとか。霧がかかるのはとても珍しく、日常では捉えられない一枚を求めて今か今かと待ち続け、やっと撮れた写真なんだそう。

世界各地で撮影された写真を毎日ネットで見ているけれど、あまり目にすることがない写真の雰囲気に、つい見とれてしまった。Licensed material used with permission by Adam Freundlich

関連記事リンク(外部サイト)

あの日、あの場所で、あの人と見た空。
この写真の裏に隠されたフォトグラファーの「怒り」。
足元に広がるのは、私たちが見逃している絶景。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。