体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「壊れても自ら再生する建築」。そんな壮大な挑戦が始まっていた。

「壊れても自ら再生する建築」。そんな壮大な挑戦が始まっていた。

ビジュアルを見れば、何かが爆発しているところにも思える作品。もしも、これが行った美術館に展示されていたら、それだけでも圧倒されてしまうかもしれません。だけど、建築の未来を変える可能性もあるらしいのです

“生きる”建築

「壊れても自ら再生する建築」。そんな壮大な挑戦が始まっていた。Image by Philip Beesley, Alex Willms / PBAI 「壊れても自ら再生する建築」。そんな壮大な挑戦が始まっていた。Image by Philip Beesley, Alex Willms / PBAI 「壊れても自ら再生する建築」。そんな壮大な挑戦が始まっていた。Image by Philip Beesley, Alex Willms / PBAI 「壊れても自ら再生する建築」。そんな壮大な挑戦が始まっていた。Image by Philip Beesley, Alex Willms / PBAI 「壊れても自ら再生する建築」。そんな壮大な挑戦が始まっていた。Image by Philip Beesley, Alex Willms / PBAI

アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんの要素が盛り込まれたもの。

例えば、レーザーカットされたアクリルや、3Dプリンターで印刷されたライト、人工的に化学反応をさせた素材など。新たなテクノロジーをどんどん採用していくのが、彼のスタイルのようです。AIを使っているところもあるそう。

さらに、オーディエンスの動きに反応して、ライトが光り、音が鳴り、作品の一部が振動することも。「壊れても自ら再生する建築」。そんな壮大な挑戦が始まっていた。Image by Philip Beesley, Alex Willms / PBAI 「壊れても自ら再生する建築」。そんな壮大な挑戦が始まっていた。Image by Philip Beesley, Alex Willms / PBAI

そして、この作品に使用されているガラスは、“生きている”ものを表しているとのこと。コンセプトに止まることなく、一緒に組み込まれているオイルと化学物質が、自分で修復可能になるポテンシャルを生み出すのだとか。まさに、命ある生物のように。

つまり、何かの拍子に壁を傷つけてしまっても、勝手に直っているということが、未来ではありうるのかもしれません。

先日、東京大学の研究チームが「割れてもくっつくガラス」を開発したと話題になりましたが、建築に関しても同じ類のことができるようになるみたいです。いや、それ以上に、成長していくなんてことも、テクノロジーをもってすれば可能になるでしょう。

PhilipさんのHPにある言葉を知ると、今後の生活が楽しみになってきます。

Can architecture integrate living functions?

建築に“生きる”という機能を組み込むことができるのか?

Licensed material used with permission by Philip Beesley Architect Inc.

関連記事リンク(外部サイト)

近代建築の巨匠ル・コルビュジエが嫉妬した相手とは?
完成まであと6年かかる城。そこには壮大なロマンがあった。
国内唯一の建築模型展示施設「建築倉庫ミュージアム」がOPEN(6月18日〜)

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。