体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

軽井沢スノボ&ショッピングツアーへ。ツンデレ思春期娘との母娘旅

軽井沢スノボ&ショッピングツアーへ。ツンデレ思春期娘との母娘旅

2017年4月に中学生になった、我が家の長女。
まだ幼さは残るものの、思春期娘特有の「反体制的」「ロックな態度」が日々漏れ始めている。
毎年恒例の家族旅行も、
「マジうざい!」
と、拒否られる日がきっと近い。そう思った母は、初の母娘2人旅を企画した。いつもは5歳児次女のレベルに旅程やアトラクションを合わせるので、家族旅行は長女にとって生ぬるかったに違いない。

だから今回はチャレンジャブルな何かが必要だと思い、私も長女も初体験の「スノボ」はどうかと提案してみたのだ。次の日にはグルメ&ショッピングという「飴の部分」も忘れずにプレゼン。すると、

「行く! 行く! 楽しそう!」

と、最近の長女にしては珍しく前のめりに、まんまと母の提案に乗ってきたのだった。

いざ軽井沢へ。ユーミンの鼻歌に長女は……

駅弁を食べる長女

駅弁をスピーディーに平らげる長女

JR東京駅から北陸新幹線に乗り込み、軽井沢へ。車窓からゲレンデに思いをはせていたら、

「ブーリーザードブーリザー♪」

自然に鼻歌が漏れてしまった。
すると、隣のJC(女子中学生)に、

「何それ? 懐メロ?」

と、聞かれる。長女よ、まさかユーミンさまを知らないの?

私が若者だったころ、恋人や友人同士でスキーに行くのは王道だったし、バックには常にユーミンが流れていたものだ。
そんな若者たちは車で行くものだから、夜中から出発しているのに道路は大渋滞。私の中の軽井沢は外国より遠かった印象だ。

ところが、新幹線のチケットを確認すると、東京駅から約1時間でJR軽井沢駅へ着くという。時間もそうだが、当時は雪道に入ると、男性たちは暗くて寒いなか車から降りて、メカニックのように粛々と、タイヤにチェーンをはめていたものだった。あの苦労は、なんだったのだろうか……。

すべては母が若かりしころ、恋人はサンタクロースだった時代のお話だが、うかつなことを言うと近い将来確実に、彼氏との旅行だのなんだのの交渉材料にされるので、私は黙って駅弁を食べることに徹した。

あっという間に、軽井沢駅に到着。

駅前にあるショッピングモール(軽井沢・プリンスショッピングプラザ)を通り抜けると、駅から徒歩10分ほどで、宿泊先である軽井沢プリンスホテル イーストにたどり着いた。ホテル好きは女子も熟女も一緒。着いた途端にテンションがMAX!

軽井沢プリンスホテル イースト
軽井沢プリンスホテル イースト プリンスコテージA

今回はコテージを予約。ツインベッドルームが2部屋あることにはしゃぐ、コテージ初体験の長女

そして、ウェアや靴やボードをレンタルして、コテージに隣接するスキー場へGO!
スキー場を見るのが初めての長女と、ゲレンデ25年ぶりの母は、人工雪のクオリティにまずは感動。次に、ものすごいスピードで滑り降りてくる上級スキーヤーたちに、目が釘付けに。長女は、ここでやっと我が身の危険を感じたようだ。
しかし長女よ、大丈夫だ。母は軽井沢スキー学校のレッスンを予約している。私たちにはインストラクターの先生がついている!
ただ、母もスノボは未知数なので、「とにかく、けがをしないようにがんばろう」と、消極的な目標を2人で確認し合ったのだった。
軽井沢スキー学校 長女とインストラクターの先生

長女とインストラクターの先生

インストラクターの先生が、超初心者の私たちに、姿勢やボードの乗り方、止まり方などを優しく教えてくれ、30分ぐらいでリフトに乗り込む。「え? もう?」と不安そうな長女。私も、心の中では充分に不安であった。

軽井沢スキー学校 レッスン 軽井沢スキー学校 レッスン

2人とも生まれたての動物みたいなへっぴり腰でゲレンデをズルズルと降りていったが、最終的に、なんとかひとりで転びながら滑れるように。インストラクターの先生に根性と体力を褒められて、素直に喜んだ45歳の母。
軽井沢プリンスホテルスキー場 ゲレンデ

けがなく、目標達成。天気も良くて大満足のスノボ初体験

このシーズンに来られてよかった♪ ホテル内はクリスマス仕様

軽井沢プリンスホテル 内観
1 2 3次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy