体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『トッポ ミルクティー味』は高校生が選んだほっとする味わい! 大人でもほっとするのか食べてみた

 

1月11日はポッキーの日ではあるけれど、フォルム的にはその構造を逆転させたトッポの日でもおかしくないわけで…。さて、中高生にとっては受験や部活で忙しい時期! そんな彼らにほっとしてもらおうと『トッポ ミルクティー味』が登場。なんでも”高校生が選んだほっとする味”らしい。

パッケージは2種類!10代に人気のイラストレーターがデザイン

大人からは暇に見えるかもしれないが、高校生は実は忙しい。受験に部活、SNSなどやることが多すぎて、ちょっとお疲れモードの人だって多いのだ。そこでこのロッテ『トッポ ミルクティー味』(2袋入・希望小売価格 税抜150円・2017年12月5日発売)。”忙しい時期だからみんなでほっとしよう!”というコンセプトで誕生した新風味! 高校生が選んだほっとする味ということで、中高生にとって癒しの存在になりそうだ。

近年はおやつでさえも大人向けがたくさん登場し「これも少子化の影響か…」と思わざるをえない状況だが、こんな風に中高生目線の味わいを登場させてくれるのはさすがロッテ。味だけでなくパッケージも、10代目線でデザイン。ゆるかわイラストが持ち味として10代に人気のイラストレーターたちが手がける。カフェ的パロディイラストでTwitterで人気に火がついたわかると、LINEスタンプ「自分ツッコミくま」の作者として知られるナガノのふたりだ。

わかるのイラスト入りパッケージ

 

こちらはナガノのイラスト入り

「トッポ」といえば、サクサクのプレッツェルの中にたっぷりのチョコが入った人気スナックで、現在は「受験応援!トッポ」や「味わい濃厚トッポ」など複数のバリエーションが発売中。『トッポ ミルクティー味』はマイルドでやさしい味わいが予想されるが果たしてその味は? 実際に食べて確かめてみよう!

 

想像以上に、紅茶!高級感ある香りに癒される!

箱を開けるといつも通りの2袋入り。それぞれに11本ずつ入っていて、家族や友達とシェアしやすい。チョコがプレッツェルに包まれているから、勉強しながら片手でつまんで食べやすいことも魅力。

普通のトッポはあまり香りがしないが、『トッポ ミルクティー味』はミルクの甘い香りがしっかりわかる。淹れたてのミルクティーの上品なミルクの泡立ちがイメージできるくらい、生クリームのような甘くやさしい香りがする。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。