体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アンマンにおけるペトラ以外のヨルダンの古き良き穴場「サルト」

生活・趣味
7

ヨルダンといえばアンマンのダウンタウンや世界的に有名なペトラ遺跡などがありますが、他の都市を訪れた方は少ないかもしれません。ヨルダンの治安は中東の中では非常に落ち着いていると言えます。

・サルトという街をご存知?
その中で今日は「サルト」(As-Salt)という場所をご紹介できればと思います。このアンマンの北西に位置する街、サルト。どうやって行くかと言いますとアンマンの中心からバスを乗り継いで1時間程で赴くことが出来る街です。

アンマンからのアクセスも良く、半日もあれば往復の交通時間も含め楽しむ事が出来る街と言えます。このサルトは18世紀から19世紀にかけて建てられた黄色い壁の建物は当時の建築技術が散りばめられています。

1

このサルトはイスラム教とキリスト教が共生している街で、街中には教会やモスクが肩を並べてたたずんでいます。中でもオーソドックス系の教会ではイスラム教徒の礼拝も受け入れるなど、寛容なサルト市民の生活の中を垣間見ることができます。

そんな寛容な街サルトの人々は、自身のことを「サルティアン=サルト人」として考えておりサルトに強い愛情と誇りを持っている事でも有名です。

2

・サルトへの行き方
アンマンのダウンタウンからアクセスする場合、まず、「ドゥワール・スウェイレを目指します。バスの場合乗り継ぎが必要になるため、タクシー利用をお勧めします。タクシードライバーへは「ドゥワール・スウェイレ」と言えば通じます。

この「ドゥワール・スウェイレ」からはサルト行きのバスが頻発しています。ワゴンタイプのバスが沢山停まっているので、「サルト、サルト」と呼び込みしているバスに乗車し、終点まで乗ればサルトに到着します。どのバスに乗ればよいか分からない場合はヨルダン人に行き先を告げれば乗るバスを教えてくれます。片道料金は0.45JD=90円ほど(2017年12月時点)、20分程で到着します。

バスに乗る際は進んでヨルダン人異性の隣には乗らぬよう気を付けてください。ここには他人同士の異性が触れ合う事はご法度(握手も女性が男性へ求めてきた際のみ可能)というイスラム文化が背景にあります。

3

・効率的にサルトの見どころを観光可能
サルト散策は自分で街を歩く個人散策か、ガイドと一緒に街を歩くツアー散策の2通りがあります。坂や階段、細い路地が多い街なので迷いやすく、ガイドと歩く事をお勧めします。

1 2 3 4次のページ
Photrip フォトリップの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会