体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

吉岡里帆と清川あさみの意外な共通点

吉岡里帆と清川あさみの意外な共通点
J-WAVEで放送中の番組「UR LIFESTYLE COLLEGE」(ナビゲーター:吉岡里帆)。1月7日(日)のオンエアでは、清川あさみさんがゲストに出演しました。

清川さんといえば糸や布などを使い写真に刺繍を施す作品が特徴的で有名ですが、吉岡も高校生の頃から大好きなのだとか! 清川さんの代表的な作品に、女性のポートレイトに手を加えた「美女採集」がありますが、2017年の夏に吉岡も参加したそう。それは“朝顔”がテーマでツルから体がニョキニョキと伸びるイメージだったとか。

吉岡は清川さんの作品に参加することは念願だったため撮影も楽しかったそうですが、清川さんとしても「最も採集しないといけない人!」と思いオファーしたのだとか。そもそも清川さんが思うこの作品のコンセプトは「美しいだけじゃなく、裏に何かある”女性”の本質を探るため、美女を採集する」ということらしく、この点でも吉岡はピッタリだったそう。

そして清川さんは吉岡を見て「何かあるっていうか…戦ってる感じ?」「なんでこんなかわいいのに戦ってるのかな」と思っていたとのこと。清川さんは「美女採集」の撮影現場で忘れられない思い出がある、と続けます。吉岡の作品ではポールダンスのポール(棒)を用いたそうですが…。

清川:『ポールダンスやったこと無いだろうな…』と思いながらポールダンスのポールを用意したら、本気でダンスしてて『本気だ!』と思って。
吉岡:できないのにね(笑)。
清川:すごいかっこよかった…!
吉岡:なんというか、写真の力をすごい信じていて。私個人ができなかったとしても、できるという0.1秒くらいの瞬間を…才能のあるアーティストさんたちって、絶対に引き抜いてくれる!ていうすごい信頼があるんです。
清川:うんうん。
吉岡:だからそこに賭けてるというか。

清川さんの幼少時代の話を聞いていくなかで、吉岡は「好きな芸能人やアイドルがいなかった」という共通点を発見し、さらに惹かれ合っている様子でした。

この日の放送では他にも、清川さんが今の作風を始めたきっかけの話や、これからやってみたいことを明かす時間もありました。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「UR LIFESTYLE COLLEGE」
放送日時:毎週日曜18時−18時54分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/lscollege/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。