体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シシド・カフカ「髪をバッサリ切った理由は…」

シシド・カフカ「髪をバッサリ切った理由は…」
J-WAVEで放送中の番組「CHINTAI TOKYO DISTRICT」(ナビゲーター:秋元梢)。1月7日(日)のオンエアでは、アーティスト、女優、モデルとして活躍されているシシド・カフカさんをゲストにお迎えしました。

髪の毛をバッサリ切ったというシシドさん。その理由について、「単純に飽きたっていうのもあったんですけど、いろいろとお仕事の都合がついたってこともありました。髪型の印象がすごく強くて、自分にとってトレードマークにもなってたから助けられてた部分もたくさんあったんですけど、2017年でデビュー5周年を迎えて、凝り固まり始めている自分の概念から抜け出すために、1番強いイメージを手放してみようかなって」とシシドさん。

高校生くらいから髪型を変えていない秋元は「なかなか勇気のある決断」と感心しながら「飽きちゃうとか違うイメージに飛び込みたいって気持ちはあるけど、やっぱりこれがあるから自分なんだなっていう、難しい狭間で私は続ける方を選んでいます」と、自身の髪型について語りました。

続いて、シシドさんが3カ月連続で配信リリースしている曲の話題になり、そのなかで12月にリリースした1曲「zamza」は、RIZEのドラマー・金子ノブアキさんと共作されているそうで…。

「ノブアキさんもソロの時はご自身で歌われるので、そういった意味では、ドラム・ボーカリストが2人揃うってなかなかない。ソロアーティストとしてのドラム・ボーカリストって日本では少ないので、集まることで何ができるかなって話し合いもあったんですけど、結局ノブアキさんのソロ楽曲の雰囲気に、どっぷり泳がせていただく感じになりました」と制作について話しました。

そんなシシドさんは、レコーディングが緊張したそうで、「ドラマーに聴かれるレコーディングってないじゃないですか。ドラマーが2〜3人いるレコーディングってないので、それは緊張しましたねー。『あっ、今ちょっとヨレたの、どう思ったんだろう』とかね(笑)」とのこと。

「でも、特にアドバイスはなく『好きなようにやってよ』っていうことで。細かい作業はノブアキさんが全部やったんですけど、『すごく楽しかった』って言ってくれました。お互い人が違うから、出すビートも違うので、ノブアキさん自身、自分の楽曲に落とし込むっていうのは面白い作業だったみたいで、『楽しんでいただけて良かったな』って。でも『こっちは緊張したな』って思いました(笑)」と、金子さんとの充実した共作についてたっぷり語ってくれました!

バッサリ髪を切り、新たな年を迎えたシシドさんの活躍に期待です。3カ月連続で配信リリースされた曲もぜひお聴きください!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「CHINTAI TOKYO DISTRICT」
放送日時:毎週日曜 12時−12時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/district/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。