体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

うわさの真相はいかに!? iPhone SE 2にワイヤレス充電用ガラスバックを搭載!?

多くの人が待ちわびている、iPhone SE 2の発売。正式なアナウンスは、ほぼ皆無の状況。それにも関わらず、ちまたではさまざまな憶測が飛び交っている。

これも根強いファン心理の表れと言っていいだろう。さて、そんな折、9to5mac.comにまたまた最新のニュース(うわさ?)が掲載された。次のiPhone SEシリーズには、ワイヤレス充電式ガラスパックが搭載されるというものだ。

・かなり信頼性の高い情報!?

情報源であるSachin Bhatt氏いわく、今回のニュースは「非常に信頼性の高い話」だという。アップルではすでに、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xで、同様の仕様を実現している。スマートフォン史上、最も耐久性の高いガラスで、フレームには航空宇宙産業で使われているものと同レベルのアルミニウムを採用。いずれも頑健さと見た目の美しさ、双方を備えた秀逸なモデルだ。

iPhone SEで同じ機能が採用されれば、新たな体験提供はもちろん、前モデルとの差別化も十分可能。そのあたりについてBhatt氏も、「単なるビジュアル面の変更ではないという証拠に、ワイヤレス充電をサポートするのではないか」と語っている。

・価格に影響せず設計可能か?

問題は、開発予算だ。ワイヤレス充電となれば、それなりのコストがかかってくるのは目に見えている。iPhone SEはもともと、小型かつお財布に優しいスマートフォンとして、開発されたモデルだ。価格に影響が出る場合、設計は見直しされる可能性もある。

しかし、この辺は案外心配ないかもしれない。現行モデルは発売から1年後に、仕様変更なしでストレージ容量が2倍になったし、2015年後半以降は、iPhone6と同じA9チップも導入されている。こうした経緯をたどれば、リーズナブルな価格を保ちつつ、ワイヤレス充電設計にするという話も、考えられなくはない。

うわさを信じるなら、iPhone SE2の発売日は今春。それまで、ファンは辛抱して待とう。

souce by 9to5mac.com

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。