体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジェニファー・ローレンス、映画『レッド・スパロー』のトレーラーで凶悪なスパイを演じる

ジェニファー・ローレンスが冷淡なスパイを演じる映画『レッド・スパロー』のトレーラーで、数々の殺人が実行される。

米20世紀FOXは、1月7日(現地時間)のゴールデングローブ賞授賞式の合間での放送に続き、翌日、トレーラーを公開した。ローレンスは母親の治療のため、ロシアのインテリジェンス・プログラムに強制的に参加させられていたロシア人の元バレリーナを演じる。

「彼らは私に選ばせた。死か、スパローになるか」(ローレンス)。

トレーラーではローレンスが若い女性達と訓練を受けている映像が流れ、シャーロット・ランプリング演じる役は「あなた方は今日からスパローになります。世界的な権力闘争を勝ち抜くための武器となるのです」と述べた。

続いて、ローレンスが変装姿で複数の殺人を犯す。また、ダブル・エージェントになるように説得するCIAのエージェント(ジョエル・エドガートン)と関係を持ち始める。エドガートンは「奴らは君を離さないだろう」と言うが、ローレンスは「方法を見つける」と冷静に答える。

マティアス・スーナールツ、メアリー=ルイーズ・パーカー、ジェレミー・アイアンズ、キアラン・ハインズ、ジョエリー・リチャードソンらも出演する。ローレンスは、映画『ハンガー・ゲーム』の最後の3作品を手掛けたフランシス・ローレンス監督と、同作で再びチームを組む。

『レッド・スパロー』は11月10日(現地時間)に米劇場公開が予定されていたが、3月2日(現地時間)に繰り上がった。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy