ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ケンドリック・ラマー、新曲を披露したハーフタイム・ショー映像が公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ケンドリック・ラマー、新曲を披露したハーフタイム・ショー映像が公開

 現地時間2018年1月8日、米カレッジ・フットボールの年間王者を決定するチャンピオンシップのジョージア・ブルドッグズとアラバマ・クリムゾン・タイド戦のハーフタイム・ショーにケンドリック・ラマーが出演した。

 ケンドリックは、最新アルバム『DAMN.』から「DNA.」、「ELEMENT.」、「HUMBLE.」を披露。さらには、先日発表されたばかりのSZAとのコラボ曲「All The Stars」をパフォーマンスした。同曲は、ケンドリックと彼のレーベル<トップ・ドッグ・エンタテイメント>のCEOを務めるアンソニー “トップ・ドッグ” ティフィスがプロデュースする、映画『ブラックパンサー』のサウンドトラック『ブラックパンサー:ザ・アルバム』に収録される。

 この日の試合には、ドナルド・トランプ米大統領も出席しており、彼がケンドリックのパフォーマンスを観たかは明らかになっていないが、ザック・ブラウン・バンドがアメリカ国歌を演奏した際、トランプ米大統領が歌詞をおぼろげにしか覚えていない様子が話題となった。

◎パフォーマンス映像
https://youtu.be/lhWJAXptPEc

関連記事リンク(外部サイト)

ケンドリック・ラマー、映画『ブラックパンサー』サントラをプロデュース SZAとのコラボ曲をドロップ
ケンドリック・ラマー、ナイキとのコラボ・スニーカーを【グラミー賞】当日にリリース
N.E.R.D、ケンドリック・ラマーを迎えた収録曲を公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。