ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

人影を自動で追尾する家庭用ハイテク防犯カメラ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
人影を自動で追尾する家庭用ハイテク防犯カメラ

高価な業務用のイメージが強かった防犯カメラ。最近では十分なスペックのカメラが、面倒な配線なしで個人でも手軽に導入できるようになりました。外出先からスマホでカメラにアクセスしたり、動体検知で自動録画してスマホに通知するのは朝飯前。怪しい人影を自動で追尾するハイテク防犯カメラを紹介します。

防犯カメラが対象物を追尾して撮影

ターゲットを360度追い回して撮り逃さないハイテク防犯カメラが、AMARYLLOの「ATOM」です。部屋に置いても違和感のない柔らかいフォルムとは裏腹に、ヘッド部分が音と動きを感知して360度追いかけながら自動撮影します。

モーションセンサーと音センサーが反応すると、スマホにアラートが表示。外出先からは双方通話で空き巣をけん制します。24時間分の動画と3日分のアラート通知を、フリークラウドに保存可能です。

防犯カメラの自動追尾機能は、3つのセンサーが動きと音を検知すると、その動く対象物を追尾して撮影します。片側170度の回転と20度の傾斜が可能です。実際の映像は、明るい部屋では色鮮やかで鮮明。逆光補正が働いていました。また、暗くなると赤外線LEDが自動で点灯して撮影してくれます。

防犯カメラの動画をスマホで確認

スマホでの確認には、App StoreとGoogle Playから入手できる専用アプリ「AMARYLLO」を使用。モーションセンサーが作動するとスマホに通知が届く仕組みです。そのまま防犯カメラが撮影した動画をチェックできるほか、アラームを鳴らして威嚇したり、救助の電話をかけられます。

ハイテク防犯カメラの解像度/フレームレートは1920×1080ドット/30fpsで、暗視撮影は赤外線LED×6灯となっています。記録メディアはmicroSDカード(最大32GB)、電源はACアダプタです。

サイズ/重さは100W×90H×100Dmm/250g。実勢価格は32,292円です。本体カラーはホワイトも展開しています。

関連記事リンク(外部サイト)

防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイントを重視
監視カメラはアプリをスマホに入れるだけでOK
空き巣対策!狙われる一軒家はこんな家だった
防犯カメラの設置を自力でするための注意点とは
空き巣対策をわずか数千円で実現する方法とは

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。