体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【常識】サウナ議論 / よくある「水風呂に入る前の汗流し」から考えるマナーとルール

image11

どこにも説明がされていないマナーなるもので怒られが発生するのがきらいだ。

ルールの注意書きがあり、それを守らないことによる怒られはよくわかる。だけど、マナーなるものは、結局のところ「その場にいる人たちの暗黙のルール」であり、慣れない場ではマナーがどういったものであるかわからない。

「ここではこういうマナーになっているので気をつけて」とひとこと注意してくれると、「ははぁ、ここではこうふるまうといいんだな」とわかるし、そうふるまおうとがんばれる。

でも、「マナー」なるものが幅を利かせるような場では、えてしてマナー違反はいきなりの怒られにつながる。

・サウナの水風呂につかる前には汗を流しましょうマナー
「サウナの水風呂につかる前には汗を流しましょう」というマナーがある。サウナの後水風呂に入るとき、シャワーを浴びるか、水風呂近くにおいてある桶で汗を流す。そういうマナーが一般的にあるんです。

つくばの温浴施設で、常連のおっさんたちが「あいつ汗も流さずに水風呂に入りやがった」と怒りあっていた。サウナおっさんたちの間では鉄の掟っぽい。

・マナーよりルール
いくつかのサウナでは、「サウナのあと水風呂に入る前には、シャワーを浴びるか、桶で汗を流すこと」というルールが掲示してある。

ルールが掲示してあれば、はじめて水風呂につかる人であっても、「あっ、水風呂に入る前には汗を流すものなんだな」とわかる。

ラーメン屋で大盛と普通盛を頼んで、普通盛から子どものぶんを取り分けていたら怒られが発生した記事とか、飲食店で水しかオーダーしない客に対する怒り記事などを読んだ。

仙台の中華そば 嘉一というお店に先日行っておいしかったのですが、そこの券売機です。

sendai-kaichi

中学生以上であればオーダーする、以上。こういうルールが貼ってあれば、わかりやすいですよね。もしくは、店外に掲示を出して、小学生以下の入店を断ってもいいかもしれない。

飲食店で、ドリンクのオーダーがないと利益的にたちいかないのであれば、ライブハウスのように、必ず1杯ドリンクをオーダーさせるようにしたらいい。

一般的に、マナーをルール化すると「感じ悪い」ようになります。小学生以下の入店禁止とか、感じ悪そうです。しかし、僕は、教えられてもないマナーで怒られるよりはずっと好みです。

・ルールよりマナーが重視される?
ルールがあるのに、それが無視され、マナーのほうが優先されている場合があります。

たとえば、エスカレーターの片方を空けるマナー。急ぐ人が歩くスペースを確保しようというマナー。

近年は、エスカレーターでの歩行禁止、というルールが掲示されているエスカレーターがある。エスカレーターの安全な乗り方のポスターなど。歩行禁止なので、歩くスペースを確保する必要はない。

それでも、おそらく多くの人は片側を空けてしまいそう。

労働基準法とか道路交通法とかの法律も守られていないルールです。

でも、世間一般の空気に基づいた暗黙のマナー違反にはみなさん厳しい。

たとえば、長時間労働については、2017年夏ごろの実感として「マナー」が改善されてきて、結果として状況が改善されているようにみえます。とくに労働基準法が変わったわけではないはずですが。

パチンコの三店方式とか、ソープランドとかも、ルール上はダメそうだけど、マナーというか世間の空気的に許されているようです。僕は、ルールを変えて、許可しちゃえばいいのに、と思っています。

ルールよりマナーを重視すること、すなわち、ルールより世間の空気を重視することは、法律を適切に改正することなく、社会をうまく回すためのしくみとしてはまあまあ完成度は高いのですが、あまり僕の好みではないです。どうふるまっていいのかが初見ではわからないし、知らない間に変わっていたりするし。

・ルールを守ることと目的を達成すること
たとえルールが分かりやすく掲示されていたところで、「こういう風な状態を実現したい」という目標がみたされていないと、何のためのルールだろう、と思う。

1 2次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。