体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いくつ当てはまる? デスクが散らかっている人の「ダメな特徴」

f:id:atsushimatsuoka:20171222102847j:plain

デスクが散らかってる人、社内にいませんか? こんにちは、ハイモジモジの松岡です。

書類が積み重なって、何が何だか分からなくなっている人。ペンやハサミを出しっぱなしにしているわりに、肝心なときに見つからなくてあたふたしている人。「アレどこにいったか知らない?」と、人に聞いても分かるはずもない難問を周りにぶつけて結局見つけられない人。

うちの会社にもいます。その人は「あの紙どこいった?」など日常茶飯事。自分のペンも見当たりません。だからこちらのペンを勝手に使って、しかも元の位置に戻してくれなくて、こちらも「あのペンどこいった?」となることもしばしば。

ちなみにその人はプライベートでは妻でもあるので生活も共にしているわけですが、一緒に会社を始めて、一緒になって働いてみるまでは、これほど「片づけられない人」だったとは知りませんでした。

だから直接、聞いてみました。「なぜモノを片づけられないの?」と。

f:id:atsushimatsuoka:20171222102953j:plain

片づけられない人とデスクを共有するとこうなります

「あえて片づけていない」という言い訳……ウソ~ん?

文房具などの雑貨をデザインしているわが社の唯一のデザイナーである彼女には、日頃から気分よく働いてもらわないといけません。彼女の様子を見ながら作業がはかどるようなBGMをこちらでセレクトしますし、調子が出てきていきなり歌い始めても遮るような野暮なことはしません。彼女が何かをひらめいた時はその瞬間を逃さないように、できるだけこちらの手を止めて耳を傾けるようにもしています。

ただ、デスクが散らかることだけは我慢できなかった。ひとつのデスクというかテーブルをふたりで共有していて、パソコンを向かい合わせに並べて座っていたのですが、彼女の手がけるプロジェクトの書類、商品を試作したあとの紙くず、ハサミ、定規、カッターマット、チップス系のおやつ、それらがすべてこちらの領域にまで浸食、いや侵略してくるのです。

とうとう我慢がならなかった私は「職場内独立」を宣言しました。少々のことには目をつぶってきましたが、自分の作業スペースまで奪われてしまっては会社全体のパフォーマンスが落ちてしまいますから。

そうして仲睦まじく共有していたテーブルは彼女に譲り、部屋をふたつに分けて、それぞれの作業場にこもるようになりました。

f:id:atsushimatsuoka:20171222103303j:plain

「なんでモノを片づけられないの?」

非難しているわけじゃないと前置きした上で、彼女に本音のところを聞いてみました。返ってきた答えは「あえて片づけないままにしている」でした。

たしかに彼女は複数のプロジェクトを常に抱えています。Aを進めていたら急きょBを進めなくちゃいけなくなり、そのためにはまずCを形にしておかなければならない。というようなイレギュラーな進行自体が日常であり、その都度片づける手間が発生することを思えば理にかなっている面もあります。

ただ、個人的には「あ、ウソついてるな」と思いました。自分がモノを片づけられない性分であることにフタをして、ポジティブな方便をこねくりまわしているなと感じました。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。