体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海外でも人気のヴァイオリン×和楽器のバンドが登場!

海外でも人気のヴァイオリン×和楽器のバンドが登場!
J-WAVEで放送中の番組「RADIO DONUTS」(ナビゲーター:渡辺祐・山田玲奈)のワンコーナー「NITTOCHI LUNCHTIME AVENUE」。1月6日(土)のオンエアでは、ヴァイオリンと日本の伝統楽器を演奏する4人組ユニット・竜馬四重奏、ヴァイオリンの竜馬さん、津軽三味線の雅勝さん、篠笛の翠さん、鼓の仁さんをゲストにお迎えしました。

竜馬さんが「ヴァイオリンと和楽器を演奏することで日本人らしく世界に発信できるエンターテイメントになるのでは」と発案し、メンバーを集めて誕生した竜馬四重奏。今時らしくメンバーはネットで見つけ、スカウトしたそうです。スペイン、タイ、マレーシアなど、海外でのライブや、デヴィ夫人の古希のパーティーに招かれたこともあるなど、幅広い演奏活動を行っています。

そんな彼らは昨年10月にセカンドアルバム「SAMURIZE」をリリースしました。オリジナル曲に加え、コールドプレイ「Viva La Vida」や「We Are The World」などのカバー曲も演奏しています。オンエアでは、ファーストアルバム「NEO ZIPANG」に収録されている「花は咲く」の生演奏を披露していただきました!

今回は、メンバーの中から東京生まれ、東京育ちの「控えめキャラ」・翠さんに東京の好きな場所を伺いました。赤坂生まれの翠さんは「東京は歴史と現代が融合した魅力があります。僕らのバンドのように」と、上手いコメントを残し、また竜馬四重奏にも通じる「古くて新しい」が東京の魅力だと話しました。

1月12日(金)には、ライブイベント「THE LIVE SAMURIZE 〜新春の宴〜」が東京文化会館 小ホールで開催されるほか、3月に日本橋三井ホールにて竜馬四重奏アルバムツアーファイナル「THE LIVE SAMURIZE -FINAL-」の開催も決定しています。その他にもライブイベントを数多く行っているので、オフィシャルホームページをぜひチェックしてみてください!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「RADIO DONUTS」
放送日時:毎週土曜 8時−12時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。