体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

THE NUGGETS が「斬新でNEWなかりんとう」を歌うとこんな映像になる!

千葉県船橋市が生んだリーゼント系ロックバンド「THE NUGGETS」が、六本木「コヨーテ・アグリー」日本1号店に上陸。

その映像が公開された……けど、どこか変!?

1980年代の原宿ローラー族を想わせるリーゼント&革ジャンに、リボン系ワンピースの女子たちが、ツイストに夢中。

そこへ、「カリカリ Rock’n’ Roll カリカリ Rock’n’ Roll……」という「THE NUGGETS」の歌謡ロックが重なる……。

ナニこの映像!?

実はこの映像には、深~い意味が重ね塗られている!?

これ、新潟市に本社を置く三幸製菓による「Wow Twist!(まさかのツイスト!)」という映像。

ナニを伝えているかというと、同社の「スナック菓子に見えるのに実はかりんとう」という新商品。

そう、この映像のテーマは“意外性”。

「THE NUGGETS」は80年代にフィーバーした“ローラー族”を想わせる歌謡ロッカーなのに、実はメンバーはみんな20代で1994年生まれ。

いっぽう、三幸製菓の新商品「かりかりツイスト」も同様、見た目と異なり、かなりハードな食感&濃厚な味わい。予想をくつがえす触感とうまさが、 THE NUGGETS と重なる。

で、「かりんとう」というと、「年配むけのお菓子」というイメージ。

そこにカマンベールチーズやチェダーチーズ、ミルクキャラメルとかけあわせるという意外なコラボで、「かりかりツイスト」は誕生。

この古くて新しいというプロダクトを、今回は THE NUGGETS の世界観で伝えたというわけだ。

だから、オチはこの新商品を「カリッ」とかじった瞬間に訪れる。これは見てのお楽しみ。

あの『もう一度、ツイストを』をアレンジ

では、今回の映像に出演した THE NUGGETS のメンバーは、どう感じたか。彼らはまず、「メンバー一同、お菓子をこよなく愛しているので、純粋にこのようなお話をいただいたときはうれしかったです」とコメント。

「映像内で使用されている楽曲の原曲『もう一度、ツイストを』は、THE NUGGETS のSHOW でも必ず演奏される最高にイケてるナンバーなので、今回このようなきっかけを通してより多くの方に楽曲をお聴きいただける機会をいただいたのは非常に光栄に思います」(THE NUGGETS)

また、撮影現場の現場で感じた印象については、「とてもにぎやかで終始笑顔の絶えない現場でした。 ローラー族やダンサーの皆さんとも共通の知人がいたり、以前に同じ現場でいっしょになったりという人もたくさんいらっしゃったので、よそよそしい雰囲気は一切なく、監督も含めて一体感のある現場でした」と振り返っている。

古くて新しいという斬新さを「見て」「食して」体感

では、撮影で苦労した点は? できあがった映像を見た印象は?

「酒場という少し閉鎖的な空間の中で長時間に及ぶ撮影だったので撮影が終わったあとの疲労感はありましたが、大人数での
撮影だったということもあり「みんなで頑張ったぞ!」という達成感もありましたね」

「仕上がりを見て、最高!! と。見ていて思わずクスっと笑ってしまう、そんなハッピーな気持ちになれる映像になっているのは最高に素敵だと思います」

そして最後は、自分たちの歌へのひとことを忘れない。

「なんといっても楽曲がいいですね」

THE NUGGETS とその世界観で伝える「かりかりツイスト」の意外性。視聴後は、その斬新な食感と味を、実際に試してみて。

 BURRN!(バーン) 2017年12月号
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。