体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Garmin、NFC決済に対応したGPSスポーツウォッチ「Forerunner 645」「Forerunner 645 Music」を発表

米 Garmin は 1 月 8 日、NFC 決済サービス「Garmin Pay」に対応したランナー向け GPS スポーツウォッチの新モデル「Forerunner 645」および「Forerunner 645 Music」を正式に発表しました。価格は $399 / $449 で、5 ~ 8 週間後に発売されます。Forerunner 645 / 645 Music は GPS や光学式の心拍センサーを備えるランナー向け GPS スポーツウォッチのミッドレンジモデルで、Garmin ならではの優れた GPS ロガー機能を完備しつつ、今作ではスマートウォッチの機能を大幅に強化しています。その代表となるのが Garmin Pay です。Garmin Pay は本体に内蔵された NFC チップを介し、特定の銀行が発行するクレジットカード(VISA または MasterCard)を使った決済を可能にするサービスです。財布や小銭を持ち出すことなくドリンクや補給食等を購入することができます。NFC 決済サービスなので、Android Pay や Apple Pay に対応している所で使用できることでしょう。また、Forerunner 645 Music は最大 500 曲を収録可能なストレージを持っており、Bluetooth イヤホンとペアリングするとスマートフォン要らずで音楽を聞きながら外でトレーニングすることができます。Forerunner 645 シリーズは 1.2 インチ 240 x 240 ピクセルのタッチパネル(カラー液晶)を搭載しており、Bluetooth、Wi-Fi、ANT+ で Android / iOS やインターネット、他の機器と接続します。本体サイズは 42.5 x 42.5 x 13.5mm / 41g で、5 気圧防水にも対応しており、プールでの水泳トレーニングにも使用できる作りとなっています。バッテリー駆動時間は、スマートウォッチモードで最長 7 日、GPS モードで最長 12 時間です。Forerunner 645 は GPS / GLONASS の GNSS システムに対応しており、内部には他にもジャイロスコープ、加速度センサー、気圧センサー、温度センサー、コンパスなどの様々なセンサーを搭載しています。Source : Garmin

■関連記事
ローランド、スマホを音源にできる完全ワイヤレス設計のギターアンプ「KATANA-AIR」を4月にBOSSブランドで発売
Sony、Googleアシスタント対応のワイヤレスヘッドホンをCES 2018で発表
HTCのEdgeランチャーがロック画面上での表示に対応、配置のカスタマイズ機能や新ツールも追加

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。