体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

対馬の観光スポット19選

対馬の観光スポット19選

皆さんは、朝鮮半島との国境の島・対馬を訪れたことがあるでしょうか。名前は知っていても、まだ行ってみたことがないという方も多いのでは?

対馬は、その面積の多くが国立公園に指定される自然豊かな場所で、絶景スポットがたくさんある島として知られています。また歴史を感じられるスポットも豊富で、一度訪れたら、その魅力にハマる人も多数。

今回はそんな対馬に行った際に、必ず訪れたい観光スポット19ヶ所を厳選してまとめてみました。

*編集部追記
 2017年3月公開の記事に、新たに2スポットを追加しました。(2018/1/9)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

対馬に行ってみての感想

photo by pixta

私が対馬を訪れたのは春で、気候はとても気持ち良く過ごしやすかったです。対馬は九州と韓国の間にあり、対岸の韓国・釜山まではなんと約50キロしかありません!円安ウォン高ということもあってか、韓国人観光客が非常に多く、ここって日本だよね?とちょっとびっくりした思い出があります。

自然豊かな対馬は、烏帽子岳展望台や鳴滝など、美しい景観が楽しめるスポットがいっぱい!

またその他、対馬にだけ生息するというツシマヤマネコも必見です!絶滅危惧種に指定されており、対馬野生生物保護センターで観察できます。かわいいながらも迫力あるツシマヤマネコはここでしか見れないので、とても希少です。

 

おすすめのベストスポット

トトロさん(@totoro1710)がシェアした投稿 – 2017 11月 10 6:19午後 PST

私がおすすめするのは、対馬の青々とした緑が鑑賞できる烏帽子岳展望台です。対馬の浅茅湾は複雑な入り江が特徴のリアス式海岸となっており、この展望台ではそのユニークな海岸の形がしっかりと確認できます。

山といっても整備されているので観光しやすく、山頂まで車で行けるため体力がない方にもおすすめ。古代から天然の良港として知られた浅茅湾の歴史、そしてリアス式海岸の美しさが堪能できる場所です。

 

1.対馬野生生物保護センター

daisuke FUKUDAさん(@digooncom)が投稿した写真 – 2016 7月 2 10:05午後 PDT

対馬で有名なものといえば、この地にだけ生息するツシマヤマネコという猫!

環境省の施設である「対馬野生生物保護センター」では、この「ツシマヤマネコ」の調査、保護、一般公開を行っています。

このツシマヤマネコは絶滅危惧種に指定されており、保護センターは、人々に関心を持ってもらうために一般公開しているそうです。
■詳細情報
・名称:対馬野生生物保護センター
・住所:長崎県対馬市上県町棹崎公園
・アクセス:福岡空港ー対馬空港、長崎空港ー対馬空港、対馬空港から66km 車で約90分
・営業時間:10:00-16:30(入館は16:00まで)
・定休日:月曜(月曜が祝祭日の場合は開館し、その翌日が休館日となります)
・電話番号:0920-84-5577
・公式サイトURL:http://kyushu.env.go.jp/twcc/

 

2.あそうベイパーク

wherever in nature (WIN)さん(@wherever_in_nature)が投稿した写真 – 2016 6月 5 1:58午前 PDT

対馬の中央に位置する「あそうベイパーク」は、対馬海峡に囲まれた多目的公園です。総面積約56ヘクタールと広大な面積を誇り、一年を通して、美しい草花の鑑賞ができます。

またオートキャンプ場があり、対州馬・ツシマジカなどの動物と触れ合うこともできます。
■詳細情報
・名称:あそうベイパーク
・住所:長崎県対馬市美津島町大山584-1
・アクセス:福岡空港ー対馬空港、長崎空港ー対馬空港、対馬空港から66km 車で約90分
・営業時間:9:00-18:00(7月~9月は9:00~19:00)
・定休日:年中無休
・電話番号:0920-54-4994(あそうベイパーク管理事務所)
・公式サイトURL:http://asoubaypark.com/index.html

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。