ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

バルト三国についての情報まとめ(観光地・食事・人々)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

どうも、旅丸のshoです。
旅丸sho:2013年、失恋をきっかけに世界一周を開始し120カ国以上訪れ今も旅を継続中。 現在は旅を始めたいけど不安な人むけの企画“タビイク”の運営をしながら講演会、雑誌や書籍への写真提供、コラム掲載など多くの人に旅の素晴らしさを知ってもらう為に毎日世界のどこかで楽しく生きている。

最初はまったく来る予定の無かったバルト三国。

クロアチアで出会ったマキさんがバルト三国ええよーってゆーてたんですね。それに、サリニティのコンサートがあるっていう事もあって。

僕もちょうどスペインからどこかへ飛行機乗って飛ぼうって考えてたので、バルト三国行こうって思ったんですよ。

 

バルト三国の観光地について

バルト三国の最北端のエストニア首都タリン

バルト三国についての情報まとめ(観光地・食事・人々) バルト三国についての情報まとめ(観光地・食事・人々) バルト三国についての情報まとめ(観光地・食事・人々)

スペインから飛行機で飛んでくるとその寒さに驚きます。昼間でも気温が低い時だと10度程度しか無くて、寒さとの戦いでした。旧市街はこじんまりとしていて、観光は一日あれば大丈夫だと思います。

街並みはカラフルな建物が立ち並び、とってもメルヘンな世界ですね~。

 

国土の半数が自然の国ラトビア首都リガ

バルト三国についての情報まとめ(観光地・食事・人々) バルト三国についての情報まとめ(観光地・食事・人々) バルト三国についての情報まとめ(観光地・食事・人々)

旧市街の街並みはもちろん素晴らしかったです。しかしもっと僕が感動したものは、自然のすごさ。
本当に自然が素晴らしかったなぁっていう印象です。

あの星空と夕焼けのコントラストを見れただけでもラトビアに行った甲斐があったなぁって思います。

 

5万本の十字架が立ち並ぶ丘への拠点シャウレイ

バルト三国についての情報まとめ(観光地・食事・人々) バルト三国についての情報まとめ(観光地・食事・人々) バルト三国についての情報まとめ(観光地・食事・人々)

シャウレイの街はひっそりとしててなーんにもやることないです(笑)でも、十字架の丘に行けたのはほんまによかったですね~。バルト三国で唯一知っていた場所でしたし。十字架の丘は怖さなどまったくなく、むしろ暖かさを感じるような場所。

きっと、巡礼者の方たちが平和を願ってたてた十字架が多くあるからなんかもしれないです。

 

ヨーロッパで一番大きな旧市街を持つリトアニア首都ヴィルニュス

バルト三国についての情報まとめ(観光地・食事・人々) バルト三国についての情報まとめ(観光地・食事・人々) バルト三国についての情報まとめ(観光地・食事・人々)

サリニティのコンサートがあったので立ち寄ったヴィルニュスですが、とてもきれいな街並みやったと思います。ロシアのような雰囲気を持つ建物が数多くあり、街歩きしているだけでも楽しくなります。

ただ、僕みたいに4日間もいなくてもいいかもですね(笑)観光だけなら1日あれば大丈夫じゃないかなぁと思います。

関連記事リンク(外部サイト)

背筋が凍る…リトアニアの野原にある無数の十字架が凄すぎた!
スコットランドの島々の観光スポット15選
紛争から復興の道を歩む「ボスニア・ヘルツェゴビナ」の世界遺産まとめ
【保存版】北欧諸国への旅行を全力で楽しむための厳選記事まとめ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。