体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

にゃんこタワー開発奮闘記 第一話

序章

この物語は、ネコの国「シルバーバイン王国」の構造エンジニア・にゃんたまによる報告書である。

<第一話>
Subject:【報告】日本特派員より
From:nyantama@silvervinekingdom.org
Date:2012/05/10 19:22
To:king@silvervinekingdom.org

シルバーバイン王国
親愛なるにゃんこ大王殿

エンジニアのにゃんたまです。
王様のご指示により、日本という国でのネコの暮らしを良くするように派遣され、はや1カ月。
これまでの報告として、このメールを差し上げました。

この国は、ネコとはちょっと違った生き物がいっぱいいて、びっくりしました。どうやら「ヒト」とか、「人間」とかというらしいのですが、後ろ足だけで器用に歩く、しっぽのない生物がネコと暮らしています。しかしこの「人間」は、ネコのことをよく分かっていないようです。そもそも、ニャー語が話せる者は少ししかいませんし、自動翻訳機も無いようです。お世辞にも、高等な知能を持ち合わせた生物とはいえません。ただ、どこかのタイミングで大量増殖したようで、この国では、この「人間」があたかもネコよりも偉い生き物のようにふるまっています。

さて、王様のご指示のとおり、こちらのネコの暮らしを調査しましたが、特に住まいの環境は良くありません。この日本という国には、戦火を逃れて移住したネコがおよそ1千万匹いるようですが、大半はこの「人間」と一緒に暮らしているようです。色々なネコに聞いて回りましたが、皆、「人間のことしか考えていない家ばかりだ」「ネコには住みにくい」と言っています。

走れない、登れない。驚くことに、家の中に登れるところが全くないといった家もあるようです。やはりこれではストレスが溜まりますし、運動不足になってしまいます。特にマンションと呼ばれる、蜂の巣のような所で暮らすネコは、外に遊びにも行けないので、とても窮屈です。それが嫌で、外でキャンプ生活をおくるネコもたくさんいます。

 

(↑キャンプ生活はなかなか厳しいようです)

この人間優先で考えられた住環境をネコにとっても良くするには、かなりの時間がかかりそうです。私自身、こちらでの暮らしは慣れそうにありません。でもこちらで暮らす1千万のネコのために何とかしたいと思います。それがせめてもの償いというものです。また進捗がありましたら、報告いたします。

愛をこめて にゃんたま

P.S.
もしお許しをいただけるならば、シルバーバインのまたたびを送ってください。

にゃんこマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。