体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今年こそ、「残念なTOEIC対策」から卒業しよう

『頑張らない英語』シリーズ(あさ出版)『英語を「続ける」技術』(かんき出版)など数々の英語学習に関する著書を出されている西澤ロイさん。英語の“お医者さん”として、英語学習の改善指導なども行っている西澤さんに「正しい英語学習の方法」についてお話しいただくこのコーナー。第13回目の今回は、「残念なTOEIC試験対策」についてです。f:id:k_kushida:20180105113217j:plain

英語力を計る方法といえば、年間200万人以上が受験するTOEIC(R) L&R(以下TOEIC)試験が有名です。ただし残念なことに、英語力とは関係のない表面的な試験テクニックに振り回される人が後を絶ちません。そういう方が少しでも減ることを願い、正しいTOEIC対策の心構えについてお伝えします。

英語力とは関係のない「試験テクニック」に注意

あなたはTOEIC試験を受けたことがありますか?

学校や会社などで受けさせられたことのある人もいるでしょう。もう何度も受験しているのに、どうもスコアが上がらない……という人もいるでしょう。まだ受験はしたことがなくても、将来的に必要だという人も少なくないでしょう。

TOEIC試験(正確に言えばリスニングとリーディング力を計る「TOEIC Listening & Reading Test」)は、毎年200万人以上が受験するテストです。そのため、試験対策用の情報は世の中にあふれていますし、書店に行くと対策用の書籍が山のようにあります。

そんな中で、せっかく頑張ってTOEIC試験のために勉強しているのに、結果の出づらい「残念なTOEIC対策」をしてしまっている人が少なくありません。中には、英語力とは関係のない、単なる受験テクニックばかりを身につけてしまっている人も――。

本来みなさんが欲しいのは、「TOEICスコア」という数字ではなく、そのスコアによって裏付けされる「実用的な英語コミュニケーション力」のはずです。

もちろん、スコアが高いに越したことはありませんが、もしスコアだけが高くても、英語を実際に使える力が身についていなければ本末転倒です。そのような残念なことになってしまいやすい、オススメできない3種類の「TOEIC試験対策テクニック」についてご紹介します。

残念なTOEIC対策1:タイムマネージメント

TOEICは、すぐに時間が足りなくなる試験です。トータルは200問ですが、特に後半のリーディングセクションでは、75分間で100問を解かなければなりません。それも、英語の長文を20個近く読んだ上で、です。

そうなると、テストを最後まで終わらせようと思ったら、リーディングセクションの前半、Part 5の短文穴埋め問題(30問)に割ける時間は1問当たり20秒くらいでしょう。そして、長文も無駄なところを一切読まずに済むように、問題を先に読むなどの工夫が必要となってきます――。

それは確かにその通りですし、TOEICのハイスコアを持っている人は、そういう解き方をしているでしょう。しかし、そのような解き方の訓練をすべきではないと、私は思います。

料理にたとえると分かりやすいでしょう。初心者に、いきなり時間制限を設けて料理を作らせたらどうなるでしょうか?

ろくな料理は作れませんよね。また、それを続けても、大して上達はできないでしょう。さらに、手を怪我したり、やけどをしたりしてしまうかもしれません。

その理由は単純です。スピードは、自然と「上がる」ものであって、「上げよう」すべきものではないから――。ゆっくりやってもできない人が、無理やり早くやろうとしても、いい加減にしかならないのです。

タイムマネージメントは、ある程度の実力がついて「あとは時間の問題だ」と思うまで、やってはいけません。まずは時間をしっかりと掛けて、疑問をきっちり解消しながら、実力をつけることを目指しましょう。

残念なTOEIC対策2:文頭を聞き逃さない

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。