体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【TABIZINE自由研究部】地元の町に外国人観光客を集める方法 その9

【TABIZINE自由研究部】調べる、考える、まとめる、伝える。
夏休みの自由研究のように、心惹かれることについて、じっくり調べてみる。考えて、試行錯誤し、また考えて、まとめて、発表する。TABIZINEにもそんな場がほしいと思い【TABIZINE自由研究部】を発足しました。部員ライターそれぞれが興味あるテーマについて自由に不定期連載します。

今回は、TABIZINEライター、坂本正敬の自由研究「地元の町に外国人観光客を集める方法」をお届けいたします。

自分の町に外国人観光客を招く方法を、オンライン講座gaccoの「文化財を活用した観光拠点形成」をテキストに考えてきた連載の9回目。

・点ではなく文化財を核に地域全体の面で人を呼び込む仕掛けを作る

・地元の町の人たちも共感できるテーマから、起承転結の物語性を引っ張り出す

・どのような人たちが自分たちの町の持つ文化財に興味を持ってくれそうなのかを考える

などの作業が重要だと、何回かに分けて紹介してきました。

【TABIZINE自由研究部】地元の町に外国人観光客を集める方法 その9
また、上述の考えをブラッシュアップするために、仲間を見つけて、仲間同士で集まれる場所と機会を設ける必要性にも触れましたね。

例えば過去の連載で紹介した長崎県波佐見町の事例では、同地を観光地として盛り上げるべく工場の跡地に、地域内外の人が集まれる場所を作ったというエピソードを紹介しました。

長野県妻籠宿のケースでも、志を共にする仲間たちがスタートとして会合を重ねたという話を紹介しましたね。

【TABIZINE自由研究部】地元の町に外国人観光客を集める方法 その9
ただ、この仲間同士が集まれる場所、長崎県波佐見町のように、工場の跡地などが利用できればいいですが、実際に集まろうと思っても最初から見つかるとは限りません。お金を出せば集まれる場所などいくらでもあるはずですが、自然発生的に人が集まってくる場所に高いコストが発生するようでは、負担感で定期開催の会合が途絶えてしまう恐れもあります。

志を共にする仲間同士が無料で、あるいはほぼ無料で気軽に集まれる場所として、世の中にはどういった場所があるのでしょうか? 今回はgaccoの講義そのものの内容を少し離れて、調べてみたいと思います。

 

候補その1:まちづくりセンターや自治体庁舎のコミュニティルーム

【TABIZINE自由研究部】地元の町に外国人観光客を集める方法 その9
志を共にする仲間と無料で会合を重ねる場所を探す際には、まちづくりセンターや自治体のコミュニティルームのようなスペースの有無をチェックしてみるといいかもしれません。

例えば北海道の帯広市にはコミュニティルームと称して、市庁舎の3階に無料で利用できる会議スペースが設けられています。町内会、サークルなど少人数での打ち合わせのために用意された場所で、印刷機なども有料ですが用意されている様子。

今回の連載で繰り返し登場した富山県南砺市の場合は、南砺市協働のまちづくり支援センターという場所が、無料でミーティング用テーブルを開放しています。

こうした施設は使用できる時間が限られていますので、早朝の6時に集まって議論をする、夜の10時過ぎに語り合うといった使い方には適していません。しかし、無料で好きなだけ集まれる場所として利便性は高そうですよね。

町づくりを考える集まりなのですから、まずはオーソドックスに自分たちの暮らす自治体が無料の会議スペースを開放していないか、調べてみたいですね。

 

候補その2:公民館や農村環境改善センターなど地元の公共施設

【TABIZINE自由研究部】地元の町に外国人観光客を集める方法 その9
公民館や農村環境改善センターなどの施設利用も候補になります。予約などの手間がありますが、無料で落ち着いて集まれる場所として、利便性が高いスペースとなっています。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。