体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Angelo、新たな始まりを告げるツアーファイナルが大盛況のうちに幕

エンタメ

Angeloが1月5日・6日にマイナビBLITZ赤坂で2018年の初ライヴを行なった。これは去年11月からスタートしたツアー『REVERSAL OF HETERODOXY』の追加公演であり、2デイズの2日目となった1月6日は、ツアーのファイナル公演にもなった。
2018年1月6日@マイナビBLITZ赤坂 (okmusic UP's)

このツアーは、去年9月に発表したアルバム『HETERODOX』を軸にしたもので、ツアー序盤からアルバムの世界をリアルに映し出すように、アルバムの収録曲順どおりに全曲を披露してきた‪Angelo‬‬。1月6日のライヴでも、その成果もツアーでの進化も詰め込みながら、アルバムの曲順どおりに突き進む。とてつもなく高いバンド感と共に放つバンド・サウンドは、タイトに引き締まりながらも、強靭なラウドさも兼ね備えている。それと同時に、遠慮なく刺激的なフレーズや音を入れ込む‪Karyu‬‬、ギル、KOHTA、‪TAKEO‬‬の楽器陣。そのアンサンブルはアルバムの再現という範疇を超えたもの。熱量の高さも凄まじい。そのサウンドを全身で浴びながら歌うキリトは、トランス状態と思わせるほどの入り込みっぷり。狂人のような表情を見せることもあれば、優しい歌声で包み込むこともある。こうしてアルバムの各曲をより高みへと導いていった。

中盤過ぎからは、『HETERODOX』以前に発表してきた楽曲の数々を叩きつけていく。ファイナル公演というのもあってか、いつにも増して激しい。それに喰らいつき、表情を輝かせていくばかりのファン。それを目にして、さらにエネルギーを放出するステージ上の5人。2018年の幕開けからAngeloらしい狂騒の光景を作り出していった。

『今日はツアー・ファイナルというより、新しい始まりという感覚でやっていました』…アンコールのラスト・ナンバー「Script error」を歌い終えて、そう語ったのはキリト。Angeloにとって次なるライヴは、キリトの誕生日でもある‪2月24日‬‬、TOKYO DOME CITY HALLでの『THE CYCLE OF REBIRTH』。新たな幕開けの次なる展開に期待は高まるばかりだ。
【セットリスト】

1SINGULAR

2STRING

3HETERODOX

4ORIGIN OF SPECIES「ALPHA」

5evil

6Scheme

7胎動

8Resolve

9際限ない渇き

10RESISTANT BACTERIA

11PANDEMIC

12White fury

13DAY OF THE END

14RETINA

15THE CROCK OF ULTIMATE

16PERFECT PLAN

17狂人

18FIELD OF GOD

-Encore-

1Voice of the cradle

2嗤う月

3RESULT

4Daybreakers

5PLOSIVE

6Script error
【ライブ情報】
『KIRITO Acoustic live 18’「DEEP PERCEPTION」』

1月28日(日)  ディファ有明 

OPEN/START:17:00/18:00

※SOLD OUT‼︎

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会