体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

安価なU3対応Micro SDの性能をチェック、Androidの本体メモリ化はどうか?

公称値 90MB/s という高いデータ転送速度を誇る東芝ブランドの Micro SD カード「EXCERIA M302」を入手したので、Android スマートフォンで使った場合の性能と本体メモリとしても使えるのかどうかを確認してみました。EXCERIA M302 は UHS スピードクラス 3(U3)に対応した UHS-I カードで、容量は 64GB です。Amazon においてこの製品は 2,980 とかなり安く販売されていたので、一抹の不安を感じつつも U3 対応だということでスマートフォンの本体メモリとして使えないかと期待していました。今回は「A1 SD Bench」アプリを使って U1 対応カードとリード・ライト性能を比較してみました。ECXERIA M302 のリード性能は 67.49MB/s、ライト性能は 17.19MB/s でした。比較に用いた PQI 製 U1 対応 Micro SD カードとスコアを比較すると、その差は歴然です。確かに U3 対応を自称しているだけのことはあるようです。そこで HTC U11+ を使ってこの Micro SD カードを本体メモリ化しようとしました。しかし、Android 8.0 の性能チェック機能により「遅すぎます」という判定が下され、本体メモリ化はできずじまい。今回の経験から、いくら U3 対応の Micro SD カードであっても、中には本体メモリ化ができないものもあると実感しました。本体メモリ化を念頭に Micro SD カードの購入を検討されている方はアプリケーションクラス「A1」に対応しているなど、価格よりも質を重視すべきです。

■関連記事
Nokia 6が2017年で最も耐久性の高いスマートフォンだと評価される
新型Nokia 6(2018)のハンズオン・開封動画
Sony、CES 2018プレスカンファレンスのライブ配信ページを公開

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。