体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

すべらないから受験生にも最適!? 『TOMARU CUSHION COVER(トマルクッションカバー)』はスマホごろ寝使いの地味なストレスを解決!

 

センター試験が行われる1月初旬に向けて、今年もすべらない神アイテムが続々登場! 雑誌やスマホを置いても”すべらない”ことで大人気の『TOMARU CUSHION COVER』(トマルクッションカバー)の心にくい便利機能を実際に使って試してみた!

クッションの上にスマホやタブレットを置くと、ズルッと滑る。そんな地味ストレスをピタッと止める!

時代が変わればニーズも変わる。現代人に今ふさわしい生活雑貨を提案する株式会社イケックス工業(愛知県名古屋市)の「SOLCION」(ソルシオン)シリーズは、”これまでにない”をコンセプトにした様々なアイデア製品ばかり。ボディに書いて消してメモれる「機能付きティッシュケース」や体にフィットするカーブの「仮眠ハグクッション」など、いずれの商品も「機能性」を持ったプロダクトデザインが光るブランドだ。

今回ご紹介する『TOMARU CUSHION COVER』(45cm×45cm・希望小売価格 税抜2,000〜2,200円・発売中)は、2016年夏に発売された機能付きクッションカバーで、スマホやタブレット、雑誌などがすべらないように開発されたアイテム。一見、普通のクッションカバーだが、その半面はすべりどめ機能を持っている斬新なスタイル。Webメディアでの動画の視聴が一般化し、受験アプリも数多く登場している現代だからこそ必要なクッションカバーにちがいない。しかも「すべらない」となれば…受験生にぴったり!

裏面(写真左)は吸着面。模様のある表側は通常の布素材なのでTPOに応じて使い分ける。

 

裏と表で使い分け! 本当にスマホやタブレットがすべらないのか検証!

『TOMARU CUSHION COVER』(トマルクッションカバー)は、おもて面はごくごく一般的なデザインありの生地。しかしうら面はポリエステル100%の生地に滑り止め機能付きの”小さなつぶつぶ”が加工されている。

この小さなつぶつぶに手で触れると、すぐにシリコンであることがわかる。シリコンはスマホカバーなどでもおなじみの素材で、柔らかくすべりにくいことで有名だ。

確かに、手で触れてみただけでもすべりにくさが想像できる。クッションカバーの大きさは45cm×45cmで、ごく一般的なクッションのサイズ。多くの人の自宅にあるクッションにフィットしそうだし、公式サイトで購入時にクッションの中身も同時購入可能。

今回は専用のクッションに『トマルクッションカバー』を装着し、スマホやタブレット、雑誌、ゲーム機などを乗せてみた。スマホやタブレットの場合、ケースを装着しない裸の状態で使用。iPhoneなどつるっとした素材でできているスマホが、見事にピタッとクッションカバーにくっついてまったくすべらない! タブレットは重みがあるのに、ほぼ垂直の状態でもまったくすべらず快適に使用できた。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。