体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

穴ぼこだらけのパンケーキ!イギリスの定番おやつクランペット

生活・趣味

穴ぼこだらけのパンケーキ!イギリスの定番おやつクランペット
クランペットは、イギリスで朝食や軽食に食べられる、イギリスの国民食です。サイズや形からすると、厚みがあって丸いので、イングリッシュマフィンのようですが、質感はパンケーキの方が近いと言えます。甘いものもあるそうですが、ほんのり塩味に出会うことが多いです。

食感命!愛すべきモチモチ感

穴ぼこだらけのパンケーキ!イギリスの定番おやつクランペット
クランペットは、穴が開いたルックスに加え、しっとりしていて、モチモチとした弾力が魅力。イーストとベーキングパウダーが使われているのが理由だそうです。

最初トーストせずに食べたら、生っぽく、ねちゃっとして、びっくりしました。それが、トーストすると、まさに、外カリ中モチ状態。バターを塗ると、穴を伝って、溶けたバターが行きわたり消えたかと思えば、口にするとジュワーっと出てくる、幸福度の高い食べ物です。

バター以外にも蜂蜜、糖蜜、ジャムなどが合うそう。筆者はお昼に卵やハム、野菜を挟んでサンドウィッチにもします。

もともとは17世紀に生まれたものですが、今のような穴ぼこだらけでモチモチのスタイルになったのは、ヴィクトリア時代に改良された可能性が高いそうです。

クランペットを手に入れるには?

穴ぼこだらけのパンケーキ!イギリスの定番おやつクランペット
イギリスでは、スーパーで6~8個入りで売っている気軽なもの。

旅行者であれば、カフェやティールームで扱っているところで、より美味しくいただくのがよいでしょう。一番手軽なのが、どこにでもあるコーヒーチェーンのCOSTAでいただくことかもしれません。

穴ぼこだらけのパンケーキ!イギリスの定番おやつクランペット
また日本のカフェでもクランペットを提供しているところがあります。中でも、店名にもなっているのが、イギリス留学をしていたオーナーが始めた「cafe Crumpets」。

クランペットは焼きたてを食べるものではなく、焼いておいたものに再度火を入れて食べるもの。これを安定した美味しさで提供することが本当に難しいらしく、納得がいくものができるまで何年もかかったそうです。オーナーはその後イギリスのカフェで食べたクランペットがほぼ同じ食感であったことに感動したそうです。

「基本、食感が大切だと思うので、シンプルに食べていただくことをお勧めしています。」こだわりのクランペットを味わってみてはいかがでしょうか。

「cafe Crumpets」
〒158-0091 世田谷区中町5-31-8
TEL:03-3705-5444
営業時間:11:30~19:00
定休日:火曜日
https://www.cafecrumpets.com/

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会