体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【プロ監修】里帰り出産のお礼のマナー&相場

【プロ監修】里帰り出産のお礼のマナー&相場

里帰り出産をすると実家の生活費には負担がかかります。長期間お世話になった感謝の気持ちとして里帰り出産のお礼はしっかり行っておきたいものですよね。里帰り出産のお礼の相場や渡すタイミングについてレクチャーします。

里帰り出産のお礼はするべき?

© PIXTA

たとえ自分の両親であっても、結婚して新たな家庭を築いている今は、別世帯であることを認識することが大切です。数ヶ月間お世話になるわけですから、相手の身になって考えれば、感謝の気持ちを表してくれることは嬉しいでしょう。
何より、きちんとお礼をすることによって、ご主人がしっかりとした分別ある一家の主であることを示し、ご両親を安心させることにもなります。
里帰り出産で、あなたと、孫である赤ちゃんのお世話をお願いすると、ご両親は喜んで迎えてくれることと思います。
その一方で、滞在中の食費、水道、ガス・光熱費といった生活費やベビー用品代、また、受け入れ準備や、ご両親の体力面などを考えると、さまざまな負担をかけてしまうのは確かなことです。
それだけでもお礼をする十分な理由になります。

また、実家のご両親が自分の兄弟世帯と同居している場合や夫の実家にお世話になる場合は、経済的に負担をかけることによる影響は、さらに大きくなります。
お金に関することは、たとえ親兄弟でも相手の立場に立った配慮が必要です。

 

【里帰り出産】お礼の相場はどれくらい?

現金で里帰り出産のお礼をする際の相場は、一般的には1ヶ月20,000~30,000円と考えて良いでしょう。

また、2人目の出産など、上の子供と一緒にお世話になる場合は、1ヶ月5,000~10,000円をプラスするのが一般的なようです。

1日3,000円など日割りで考える方もいれば、現金と商品券やお米などの現物と合わせて50,000〜60,000円というケースなど様々です。それぞれのご家庭の経済状況に応じた、できる範囲でのお礼の金額をご主人と相談して決めましょう。

 

どんなものを贈ると喜ばれるの?

© PIXTA

里帰り出産のお礼は、滞在中に経済的な負担をかけてしまうことを考えると現金が一般的です。現金以外のお礼をする場合は相場を気にせず、ご両親の欲しいもの、喜んでいただけるものをリサーチしてプレゼントするのが良いでしょう。

例えば、こんな里帰り出産のお礼はいかがでしょうか?

商品券
欲しい時に欲しいものが選べる自由度があるのでお互いに便利です。

 

旅行券
「温泉で疲れを癒してくださいね」などのメッセージを添えた旅行券も喜ばれるでしょう。

 

グルメチケット
全国共通など、どこでも使えるレストランなどの食事券が良いでしょう。

 

高級お取り寄せ食材
ご両親の好みを考慮した上で、普段ご自身では用意しないような食材をプレゼントしましょう。

 

写真館で家族写真
写真館で、プロのカメラマンに可愛いお孫さんと一緒の家族写真を撮影してもらうなども喜ばれるでしょう。

 

家電製品
古くなって使い勝手が悪い家電を最新のものに買い換えてプレゼントすると喜ばれるのではないでしょうか。

 

パソコン
パソコンを使っているご両親には、最新のパソコンとインターネット接続など、すぐに使えるように設定してさしあげると喜ばれるでしょう。

 

お礼を渡すタイミングやマナーについて

里帰り出産のお礼をお渡しするのは、どのタイミングが良いのでしょうか?
実際のところ、お世話になる初日か、お世話になった後かは、人によって様々です。
特に厳密なルールやマナーはありませんが、ご両親の性格などに配慮したタイミングをご主人と2人で相談して決めましょう。

 

お礼を渡すタイミングと渡し方は?

お礼を渡すタイミングは、いろいろなケースが考えられますが、やはり里帰りの初日が一般的でベストだと思われます。
理由としては、お礼を先に渡すことで2人の心遣いが伝わり、ご両親も快くお世話ができ、お互いが気持ちよく過ごせるということがあげられます。

1 2 3次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。