体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

相手に勢いがあると、「人違いです」って切り出すのは難しい件。

生活・趣味
相手に勢いがあると、「人違いです」って切り出すのは難しい件。

ある日、道端でばったり知り合いっぽい女の子に。だけど、名前は覚えてない。なのに彼女は完全に僕を認識していて、あれ?いつ彼女と一緒だったんだ自分…。

なんとなく彼女の口調に合わせるようにして「2、3年〜、いや5、6ヶ月前か」なんて具合にあたふたしていく。ところが、じつは人違いだった!?

…なんてことがないわけじゃない。そのとき、どうやって「人違いです」って切り出せるのだろう。

「The School of Life」の動画をどうぞ。

親しげに声をかけてきた人が
誰だかわからない

相手に勢いがあると、「人違いです」って切り出すのは難しい件。Image byThe School of Life わあ!こんなところで会えるなんて!と親しげな笑顔で話しかけてきた彼女。相手に勢いがあると、「人違いです」って切り出すのは難しい件。Image byThe School of Life

しかし、男性は全く記憶にありません。いったいどんな反応を返せば…。

とりあえず話を合わせてみるけど…

相手に勢いがあると、「人違いです」って切り出すのは難しい件。Image byThe School of Life

女性「元気?」
男性「う、うん。元気だよ。君は?」
女性「それがね…わかるでしょう?」
男性(わからない…)相手に勢いがあると、「人違いです」って切り出すのは難しい件。Image byThe School of Life

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会