体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【フランス】多くの画家を魅了した南西部の港町ラ・ロシェルを現地ルポ

【フランス】多くの画家を魅了した南西部の港町ラ・ロシェルを現地ルポ
パリからTGVで約3時間、大西洋を臨むフランス南西部の港町ラ・ロシェル。ポール・シニャックやクロード・ジョセフ・ヴェルネなど、後世に名を残す偉大な画家たちも、旧港の美しさには心を奪われたとか。

そんなラ・ロッシェルは11世紀に城塞が築かれ、古くは貿易で栄えた街です。夏のバカンス先に選ぶフランス人も多いのですが、長い間イギリスの支配下にあったせいでしょうか、イギリス人観光客にも非常に人気があります。

バカンス気分で、一緒に散策してみましょう!

美しい旧港・旧市街を散策

【フランス】多くの画家を魅了した南西部の港町ラ・ロシェルを現地ルポ
潮風を感じながら、13世紀開港の旧港(ケ・デュペレ/Quai Duperré)沿いを歩いてみましょう。歩き始めると、すぐ目に飛び込んでくるのが、かつては火薬庫だった「シェーヌ塔」(写真左)と重厚な石造りの「サン・ニコラ塔」(写真右)。

いずれも古くは要塞としての役割を果たしましたが、16〜18世紀にかけては刑務所として使われたそうです。囚人の落書きが今でも残っているというから、訪れた際はご自身の目で確かめてみてくださいね。

【フランス】多くの画家を魅了した南西部の港町ラ・ロシェルを現地ルポ
(C)sweetsholic

旧港沿いには、カフェやレストランはもちろん、お土産探しにぴったりのマルシェがずらり! ボーダー模様のマリンTシャツ、気候の変化が激しいフランスではマストアイテムのスカーフなどさまざまなアイテムがあります。

【フランス】多くの画家を魅了した南西部の港町ラ・ロシェルを現地ルポ
(C)sweetsholic

インセンスと箸置き(※カトラリーレスト)どちらにも使える素敵な陶器をゲット! 

【フランス】多くの画家を魅了した南西部の港町ラ・ロシェルを現地ルポ
歩き進めていくと、ゴシック建築の大時計門「グロス・ホロローグ/Grosse Horloge」が見えてきました。14世紀の建設当時は要塞としての門だったそうで、15世紀に時計が取り付けられました。

【フランス】多くの画家を魅了した南西部の港町ラ・ロシェルを現地ルポ
(C)sweetsholic

時計門のアーチをくぐり、旧市街へ。

【フランス】多くの画家を魅了した南西部の港町ラ・ロシェルを現地ルポ
(C)sweetsholic

城壁に囲まれた美しい市庁舎「オテル・ド・ヴィル」や、総合カルチャーセンター(La Coursive Scene Nationale La Rochelle)など、中世の面影を残す建造物を眺めつつ町歩きを楽しみましょう。メインストリートのパレ通り(Rue du Palais)でのショッピングもいいですね。

中庭の散策ができるルネサンス様式の建物「ラ・メゾン・アンリ2世(La Maison Henri II)」や、歴史的建造物に指定されている「ル・カフェ・デ・ペイ(Le Café de la Paix)」なども見どころ。ベル・エポック調の豪華絢爛なカフェで一息つけば、気分はフランス貴族!?

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。