体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『BOOR』アクション・パズル・SF、3つの程よいブレンド

image4[1]
 
image3[1]
 
人類が地球を離れ、宇宙で暮らす時代の物語。
 
image10
 
宇宙空間で人類が居住するスペースコロニー「EDEN」内にある、巨大な人工知能「BOOR」。コロニーの環境を管理するために開発されたもので、これによって平和が保たれる・・・はずだった。
 
image2[1]
 
その「EDEN」にある時、1機の宇宙船が事故によって不時着し、一人の少女が生き残る。少女が見たのは、誰もいない廃墟のような場所だった。

Steamで配信中のゲーム『BOOR』は、そんなSFのストーリーと、白・黒・赤の3色のみで描かれたシンプルな映像が特徴のアクションパズルゲームだ。

見極め、考え、味わうゲーム

image7[1]
 
ゲーム内容は、主人公の少女を操作して、様々な仕掛けやトラップを抜けながら進んでいくもので、各ステージに設けられた出口まで移動すればクリアとなる。
操作は左右移動とジャンプ、そしてアクションボタンで特殊な能力「分身」を発動させる。押すと少女の同じ姿の分身が出現して、少女は動かなくなり、プレイヤーは分身のみを操作する。基本は同じく左右移動とジャンプだが、分身には「特定の壁をすり抜ける」と「攻撃を受けても消滅するだけでミスにならない」という特徴がある。
 
image5[1]
 
image1[1]
 
分身の能力を利用すれば、壁をすり抜けた先にあるスイッチを押して扉を開ける、動くものに対して追いかけてくる敵を誘導して落とし穴に落とす、敵を見つけるとレーザーを撃つロボットに近づいてブロックを破壊させるなど、ステージ上の様々なトラップや仕掛けを突破することができる。
 
image6[1]
 
だが、分身は一定時間を過ぎると消滅してしまうので、どこで分身を発動させるか、どこを進めばスイッチの場所にたどり着けるか、限られた時間でどう誘導するか、少女と分身をどう動かしていくかなどを考えていく、それがパズル要素となっている。
 
image9
 
ゲームには50を超えるステージが用意されているが、中にはじっくり時間をかけて解法を考えるパズル重視のステージがあれば、攻撃を避けたりジャンプするタイミングが重要なアクション重視ステージやボス戦もある。
特にアクションやボスの場面では、敵の攻撃パターンがある程度決まっているので、じっくり動きを見ていけば避けるタイミングがつかめるだろう。例えミスしてもペナルティなどはないので、何度も繰り返して挑戦することが突破につながる。

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。